「代わりにこの赤い靴はどうですか?」



今日はTOEICのパート3に役立つフレーズをご紹介します。

この動画も結構あげていますが、本当に繰り返し言ったり書いたり発音しないと
覚えられないですし、毎日1つでも覚えていくと全然違うので、マジメにやっていただきたいと思います。

見てもらえているだけで嬉しいのですが、見ていただいたらガッチリ復習しましょう!

今日はTOEICのパート3に役立つ、
”Water about〜ing?”を覚えましょう!
これで「〜はどうですか?」という意味になります。

これだけだとよくわからない感じなので、長文で応用してみましょう。

”What about buying these red shoes instead?”
「代わりにこの赤い靴を買うのはどうですか?」

”these red shoes” = これらの赤い靴
という意味なのですが shoes は英語の場合、片方の靴だけで shoe で、これが二つあって"shoes"となります。
よく日本語で「シューズ」と言いますが、あれは2足揃ってシューズという意味です。
なので、"shoes"の前にくるのは"these"となり、"these red shoes(これらの赤い靴)"という意味になります。
そして、これらを買うのはどうですか?の最後に"instead"がついて「代わりに」という意味になります。

"instead"は魔法の言葉だなぁと思います。"instead"と付けるだけで「代わりに」という意味になるので、
何か靴を探しているんだけどなくて、「その代わりにこの赤い靴を買うのはどうですか?」という提案をするときに"instead"が使えるという感じです。

”Water about 〜ing?(〜はどうですか?)”は中学で習う標準的なものですが、"instead"を付けることによってちょっとレベルアップするのでぜひ使ってみてください。


2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ