【慰めの言葉】元気だして!

今日も、TOEICに役立つのではなく、

ネイティブがへこんでる時に、

思いっきり的確な言葉でしっかり慰めてあげられるような

表現をお届けする10回シリーズの最後です。

今日のやつは簡単なんですが、

文化的背景とかちょっと説明しなければいけないのかな?

ぜひ楽しく聞いていただければなと思います。

今日のクローズアップフレーズはとばして

的確にネイティブにエールを送る表現をご紹介します。

今日の本文は

“Smile Cheer up buttercup.”
(笑って!元気出して!)

smile
笑って

cheer up
元気出して

チアリーダーっていますよね。
元気をリードする人たちという意味になります。

最後のbuttercupは

キンポウゲ

こういう時になぜこれを使うのかネイティブに聞いても

ネイティブは当たり前過ぎて分からないというのですが

調べてみたら、

花言葉が

弱いもの、未熟もの

という意味で、

転じていうと

ケアしてあげない、儚い存在が

buttercup

自分よりも、

テンションが低い人、可哀想な状況の人
自分よりも年齢が低い人
に対して

元気だせお前!

という感じで使います。

なので、今日の

“Smile Cheer up buttercup.”

は歳上の人には使わない方がいいのかなぁと思います。

自分よりも立場が下の人

後輩、んかの良い友だち

年齢が下の兄弟

年長の方に

buttercup

を言うといけないかもしれません。

こういう表現を見て思うのですが

結構英語文化って

花言葉入り込んでますよね

私達はわかんないので、出てくる度に

感覚的に覚えていかないと

やけどすることもあるのかなぁと思います

buttercupは

弱々しいものに対して言うもの

といことを覚えたと思うので

ぜひ

smile!!

な感じでぜひ使ってみてください!

それでは以上です!


4 件のコメント

  • juneberry より:

    悩みをきくとか愚痴を聞くは

    give someone a shoulder to cry on だそうです。

    I gave her a shoulder to cry on yesterday.

     

  • juneberry より:

    今日見た映画で、友達を慰める場面があるのですが

    I'm a sholder to cry on. とかなんとか言っていました。

    big shoulder to cry on

    これは、頼りになる相手だそうです。

  • juneberry より:

    花言葉って、色々あるようですね。

    私の妹は9月生まれなのですが、誕生日に夫が真っ赤な彼岸花を買ってきたのよ!と怒っていました。彼岸花はred spider lily とも呼ばれ、情熱を表すようです。

    愛情の表現の仕方も、一つ間違うと大変なことになりそうです。ちなみに赤いカーネーションやバラ、白い花はあまり選ばないほうがいいと聞きました。それぞれ理由があるようですが。色々取り混ぜると無難かもしれません。

    友人の一人に、いつもカサブランカをくださる人がいるのですが、入院しているかたにはどうなの?と思います。あれって大きくて香りが強いですよね・・・。

     

     

  • natto1129 より:

    buttercup の小粒で可愛らしい花は、守ってあげたい気にさせますね(^^)

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ