「どの地域の神社もお祭りを開催して神様をたたえ、繁栄と豊作を祈願する」

今日もTOEICには関係ないけれど、夏に関連することを英語で言えるようになりたいと思います。

今日は「縁日」を説明します。そうですね、そもそも「縁日」って何なのよ、って感じなんですが、その、行って、なんかこう鮎の塩焼きとかそういうものを食べるだけじゃなくて、そもそもの意味みたいなことをちゃんと説明できるようになるとカッコいいかなと思うので、クローズアップフレーズは特に用意せず、もう応用文即行でいきたいと思います。

えー、今日の応用文ですが、

Every local shrine holds festivals to celebrates Shinto gods, and to pray for prosperity and good harvests.

と言うことができます。要はこの「縁日」って神道の神様をお祝いすることと、あとそれから地域の繁栄と収穫が良くなることっていうのを主にお祝い、というか、お願いするためにお祭りしていますので、まぁその、「縁日」っていう言い方って、楽しい!っていう以前に、その宗教的な意義というのはこういうふうに説明することができます。

"hold"っていうのは「開催する」って意味なので、それはいいですよね。

"Celebrate"っていうのは「たたえる」とか「式典を挙行する」「祝杯を挙げる」なんて意味もあります。

ただのセレブリティーのチャラチャラしている感じじゃなくて、こういうちゃんとした意味もあります。

" Shinto Gods"っていうのは「神道の神様たち」

"pray for prosperity"っていうのは、"prosperity"っていうのが「繁栄」って意味なので、そのために"pray"「祈る」って意味になります。

"good harvest"っていうのは「収穫がいい」って意味になります。

はい。これでかなり、あぁそんなに「縁日」って意味があるんだなぁっていうことがネイティブの方にも伝わると思うので、ぜひそんな機会がある方は今日のフレーズというか、長文を覚えていただいて説明に使っていただければというふうに思います。

それでは以上です。


15 件のコメント

  • natto1129 より:

    pray は、多分東日本大震災の時だったと思うんですが、よく目にしました。

    とても優しい言葉ですね。

  • natto1129 より:

    Shinto gods という表現から、神道は複数の神がいるという事を今更ながら学び出した。

     

    日本の伝統文化をもっと学んでいかなくてはと、気を新たにしました。

  • natto1129 より:

    縁日をwikiでひいたら deity(神) という単語に出会いました。

    基督教の神(god)と違って、多神教の神や神性を表すようです。

     

  • cellosweet より:

    質問です!

    冒頭のshrineが複数形ではないのは何ででしょうか?

    Every local がついているからなのか、それとも、もともと数えられない名詞なのでしょうか‥

  • chobi より:

    縁日と聞くと、夏を感じます。もうすぐお盆休みもありますし、楽しみたいです。(でも家族が体調不良で、楽しめないかも。悲しいですー)

    Obon is a holiday to honor our ancestors.

  • chobi より:

    ご存知の方も多いかもしれませんが、神社とお寺についても。

    Shrine is a place for worshipping Gods, while temple is a place for worshipping Buddha.
    神社は神様をまつるところ。

    寺は仏様をまつるところ。

  • chobi より:

    お祭りと縁日は意味合いが違うんですねー。知りませんでした!

    The word “Omatsuri” is used to call festivals held in a shrine. Festivals held in Buddhist temple are called “Ennichi”.

    神社で行われる場合「お祭り」。お寺の場合は「縁日」。

  • chobi より:

    縁日の意味、日本語でも知らなかったです。自国の文化を勉強する大切さも学びました。

    Do you have your yukata ready?
    一緒に浴衣を着てお祭りに行けたら楽しいですね。もう何年も着ていないですが…

  • Missy より:

    日本のことを説明するときに、英語の問題ではなく、きちんとした知識がないと

    説明することができないのだと、つくづく感じます。prey for prosperity なんですね。

     

  • juneberry より:

    実りの多い 実りのない

     fruitful   fruitlessl

    Live a fruitful school life

    実りのある学校生活を送ろう! YLSで頑張ろう!

  • juneberry より:

    good harvest

    harvest crop

    have a good crop of rice

    the fruits of the earth

    いろいろな表現があるものですね!

  • juneberry より:

    裸足

    I always go barefoot at home.

    take off socks and become barefoot.

    barefoot or barefooted

  • juneberry より:

    Another local shrine holds festivals called Fire Fes.

    Everyone walk on hot ashes and pray for their health.

    火渡りという行事では、灰の上を裸足で歩きます。

    It's so hot to walk on ashes barefoot.

  • juneberry より:

    Our local shrine holds festivals celebrate Shito god.

    近所には有名なK神社があり、お祭りには世話人が正装でご神体を運びに行きます。

    そして神主さん。He preys for prosperity and good harvestd.

    じつは、同級生なんです。

  • audi1622 より:

    今日のフレーズですが縁日って結構深い意味があるんですね。

    Good harvestで「収穫がいい」、Shinto Godsっていうのは「神道の神様たち」 勉強になりました。

    Every local shrine holds festivals to celebrates Shinto gods, and to pray for prosperity and good harvests.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ