「会議での基調講演演者はジョン・ウィルソンさんです」

今日もTOEICの主にリーディングのところに
でてきそうなフレーズをご紹介していきます。

日本ってあんまりないんですけど、海外ってスピーチ文化があって
アメリカは小学生、下手したら幼稚園のときから
パブリックスピーキングっていって
人前に立って、人に影響を与えるinfluenceするスピーチを
するように教育しているみたいなんですけど、

日本人はなかなかそういう文化がないので
社会人になってから必死になっておいつく
ような感じがします。

私も会社にはいって外資系の会社にはいって
初めてそういうことを一生懸命考えたりして
勉強して、人前だけでなく、外国人の友達の前でも
話せるようになればなぁと思いながら、
いろいろやってきました。

そんな前置きなんですが
それをイメージしがら覚えていただければなとおもいます。

最初にフレーズをご紹介します。
"A keynote speaker"
基調演説のスピーカー

です。

keynote speachというのをよく
基調演説といったりするんですけど、

keynote speakerで基調演説のスピーカー
となります。

普段はあまり使わないと思うんですけど、
TOEICでこれが流れてきたり、
書いてあったりしたときに
keynoteってなんだっけ?
とならないように
しっかり、覚えていただきたいなと思います。

それでは応用文です。
"The keynote speaker at the conference will be John Wilson."
会議の基調スピーカ-はジョンウィルソンになるはずだ

will be なので未来です。

ポイントは
前置詞が不得意な日本人にぜひ覚えてほしい
at the conference 会議で
というときに、atを使うのがポイントかなと思いますので
これもセットで覚えていただければなと思います。


英語を勉強しながら、
TEDとかみながらやっていると、
同時にアメリカ人のうまいスピーチも
インストールできるので
ぜひ、文章だけでなくていい媒体を使って
勉強いただければなと思います。

それでは以上です!



2 件のコメント

  • juneberry より:

    Ms.Y でした。すみません。

    英語でスピーチなんて、できたら最高ですよね。

    日本語でも頭が真っ白になりそうですが・・・。

    public speech : make a speech というようです。

    cf. table talk 食卓での雑談

  • juneberry より:

    The keynote speakers at the party are Mr.A and Mrs.Y.

    We are looking forward to listening to the speech.

    今度の会合では、貴重なスピーチが聞けそうです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ