「私をおかしくする」

 

今日もTOEICじゃなくてネイティブにガチで聞いた女性を口説く表現の5回目。

結構ガチな内容過ぎてですね、ホラー性を帯びてきたかなと。

 

これどうなんですかね。

1950年代とか60年代?70年代が来る前ってこういうのがまかり通っていたのかもしれないですね。

と、なんかちょっと思いながら。

今日もすごいです。けどもちょっと覚えておいてほしいフレーズも出てくるので紹介します。

 

最初に抑えておいてほしいクローズアップフレーズかなと思うんですが、

”Drive me crazy”です。

これで「私をおかしくする」「ものすごく駆り立てる」という意味になります。

 

洋楽の歌にもよう出てきますね。いっぱい出てきますよね。”Driving me crazy"とかね。

 

それでこれを使ってイタイ感じの英文いってみましょう。

”Girl, you better have a license, because you're driving me crazy!”です。

これはですね、どういうことかっていうと"Driving me crazy"のところですが、

単純に「運転する」を表す”drive”と「私を発狂させる」っていうのをかけているんですね。

だから「免許取ったほうがいいよ」って。

 

なんで免許取ったほうがいいのかよくわからないんですけど、"drive"と"license"を引っ張って

かけているだけなんですよね。

 

あたしのスクールでよくCNN Student Newsを見るんです。

そこで必ずカール・アズーズさんがダジャレを言うんですけど、そのダジャレが意味がなさ過ぎて

誰もわからないというのがあるんです。

アメリカ人のジョークって難しいっていうか、日本人には理解不能っていう感じなんですよね。

だからその"drive me crazy"と"drive"(車を運転する)をかけてるのがわかるんだけど、

じゃーなんで私がライセンスを取らなきゃいけないの?っていう突っ込みは無しなんですよね。

そこがすごく謎だなっていう風に思います。

 

これまだシリーズ続くので、お付き合いいただければなと。

口の筋肉を使いながら"Drive me crazy"(※発音気を付けてください!ジュライブです。)と

是非言ってみてくださいね。

 

それでは以上です。

 

 

 

 

 


10 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ