「契約条件に従って」

 

今日も口の筋肉をしっかり動かしてあっためた後にやってみましょう。

毎日筋トレしていると口の周りが締まってきて、すっきりするんですね。

何も知らない人にやせたね!って、顔がやせたねって言われたらそれは筋トレがうまくいっている証拠です。

もし言われなかったらまだ練習が足りないので是非やってみましょう。

 

ということで今日はどんな状況かっていうとですね。

契約状況っていろいろあると思うんですが、会社の人事採用の話をしているという風に考えてください。

その中で契約状況に従って新しい新入社員をいれようっていう話をしているっていう前提です。

身近に感じないかもしれないですけどそれがTOEICですね。

身近に感じない内容でもバンバン容赦なく出てくるので、身近に感じなくても身近に感じられるまで

是非この動画を見て定着していただければという風に思います。

 

それではこれだけ抑えていればOK!なクローズアップフレーズは、”terms of the deal”です。

これで「契約条件」という意味になります。

 

なんか覚えておくとかっこよさそうですね。

 

ではこれを使って早速応用してみましょう。

”Under the terms of the deal, 500 new staff will be hired.”です。

 

これで契約条件に従って500名の新しいスタッフ、従業員ですね。

が「雇用されるだろう。」という風に言っています。

この「契約条件に従って」の前置詞が”under"を使います。

何かの法律、ルールそういったものに従う場合は、”under”を使います。

だからイメージからすると日本人と違って外国の人って「法律」「ルール」の下に自分立ちがいる感覚だと

思うんですね。”Under the terms of the deal”とか”Under the Federal low”(連邦の法律:連邦法)の下で

という意味で”Under”を使うのがポイントです。

 

あと”staff”もこれ複数形にならないので注意が必要です。

そんな感じで是非今日のやつはかっこいいですよね。法律とか契約書の話をするときもこの話、

フレーズ使えますので”Under”と”terms of the deal”を是非覚えてみてください。

 

それでは以上です。


9 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ