「家族は3人です」

TOEICのハイスコアを目指すこのチャンネルですけれども、今回は、私が色々ビジネスシーンで気づいたヒヤリハット英語をまとめて順次お伝えしています。

今日は、例えばネイティブの同僚とかと雑談、もしくはネイティブのお客様…、まぁ、主に雑談ですかね、家族構成を説明したりする時のヒヤリハットをご紹介します。

「うちの家族は3人家族です。」というふうに言うと「家族」という単語が出てくるので、

X:We're 3 people in my family.

というように、日本人は言いがちなんですけれども、あまりこう言うのは自然ではなくて、ネイティブが実際どう言っているかというと、

◯:We're a family of 3.

というふうに言います。

"We're a family of 3"です。なので、4人家族だったら、"We're a family of 4"というふうに後ろの数字を順番に変えていく感じなんですね。

何か、おそらく日本人が間違えるやつって、通じることは通じるんですけど、「不自然」な感じです。

まだ、"There are 3 people in my family."の方がOKです。

とにかく、"We're 3 people in my family."という感じ、「私たちは3人家族の中で」要は、日本語をそのまま英語にしている感じの英語はやはり不自然なので、使わないようにしていただければな、と思います。

おそらくこれは覚えてしまったほうがいい系かな、と思いますので、ぜひこの動画を何度も繰り返して見てください。

これは同僚と話している時だけでなく、レストランに行った時、ホテルに行ったりして、店員の人と雑談している時に、「ご家族で来ているんですか?」とか「何人家族なんですか?」と言われたら、こういうふうに答えられたりすると思うんですね。

なので、旅行中にも使えそうな感じもしますので、ぜひ覚えてみてください。

それでは以上です。


5 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ