「目覚ましが鳴らなかった」

今日も、TOEICだけじゃない、ビジネスシーンで実際に日本人が過去、いろいろやらかしてきたヒヤリハットをこれからがんばる私たちは絶対にやめようという企画です。

今日のやつは、そんなに使うことはないかもしれないですが、単語の感覚が違くて、そこのズレからくる残念なヒヤリハット例をご紹介します。

例えば、あなたがちょっと寝坊したとします。会社に遅れてしまうとまずいんですけれど、例えば髪がボサボサとかで、「今日どうしたの?」と言われたら、「会社にはなんとか間に合ったんだけれど、寝坊しちゃってさ」みたいな。で、その寝坊してしまった理由が、「目覚まし時計がならなかった」というのを言いたい時のフレーズで、まぁ、あまり言うことはないかもしれないんですけれど、単語のセンスを磨くという意味では非常にいいので、いきます。

日本人がやってしまいがちな間違いは、

X:"My alarm didn't ring."

って、言っちゃうらしいです。

私は言ったことがないんですが、「目覚ましが鳴る」って言うじゃないですか。

で、「鳴る」というのを辞書で検索すると、"ring"なんですね。

これって、例えば「ベルが鳴る」、玄関のピンポ〜ンていうのとか、"ring"なんですけど、それで使ってしまうケースが非常に多いです。

つまり、辞書で日本語から英語を調べて、英語がどんなシュチュエーションで使われるかわからないまま、日本語で検索したらこう出てきたから使ってしまえ、みたいな感じの失敗例の典型です。

今の目覚まし時計って、ベルじゃないです。昔のやつって、(ベルを)鳴らす感じだったじゃないですか。だけれど、今のものはアラームで「ピピピ」っ感じなので、厳密にはあれ(アラームのようなの)は"ring"じゃないんですよ。

"ring"って例えば「鐘を鳴らす」とか、ゴ〜ンていう金属音です。基本的に。

ピンポン(玄関の呼び出しベル)も、昔は(ベルを)ジャラジャラじゃら〜ってやるものだったじゃないですか。西洋風の玄関て。なので、そういうもの(を鳴らす)が"ring"なんですよ。

で、玄関の(ベル)を鳴らす、というのが"ring"っていうのは残っているんですけれど、アラームでは使わないんです。

では、どういうふうに使うかというと、

◯:"My alarm didn't go off."

というふうに言います。

"go off"で「アラームが鳴る」という時に使う。

なので、

X:"My alarm didn't ring."

って言うと、なんかこの人すごい旧式の(目覚まし時計を)使っているのかな?みたいな感じになる。今はもうあまりそれはネイティブは使わなくて、

◯:"My alarm didn't go off."

というふうに使うと覚えておくと便利かな、と思います。

ただ、私、これを覚えていたんですけれど、実際に"ring"を使う人もいましたね。ネイティブで。

ただちょっと古めの人かな、という印象はあります。

現代だったら、私もiPhoneとかを目覚まし(時計代わりに)にしていて、(本当の)目覚まし時計の電池が切れてからほどほど経っていると思うので、"go off"を使うのがbetterかな、というふうに思います。

それでは今日は以上です。


15 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ