今すぐ必要!でも時間がない!しかも身動きが取れない!そんなあなたにYuki式 ゴール逆算型ビジネス英会話セミナー セミナーの翌日からすぐに仕事で使えて、成果を出すビジネス英会話を2日間で完全にあなたにインストールします!

あなたにはこんな悩みがありませんか?

こういった悩みを抱えているのに、英会話を勉強する時間が無い。
多くの忙しいビジネスパーソンのジレンマです。

今ビジネスパーソンに必要なのは英語を正しく学ぶことではなく、
今すぐ成果が出る英会話に集中することです。


私から2日間で、これらの悩みを解決するビジネス英会話を伝授します。

英語がネックでキャリアに暗雲が・・・・

課長昇進にTOEIC700点が必要で同期に追い抜かされる、
転職しようとしたら英語面接があって苦戦、
取引先が外国で急に英語が必要、
上司が急に外国人になった・・・・

今まで英語で仕事というのは外資系バリバリの会社だけというイメージでしたが、
ここ数年外資内資関係なく日本の隅々まで浸透してきています。

今まで汗水垂らして働き、社内・社外での信頼とキャリアを積んできても、
「英語」という壁で一気にキャリアが停滞してしまう人が急増中です。

フレーズを覚えても結局役に立たない

職場で急に英語が必要になった時、
あなたが一番最初にするのは「本を買う」ことか「ネット検索」ではないでしょうか。

本かウェブサイトで必要な英語フレーズを検索していると思います。
しかしそのフレーズを早速覚えても・・・

いざという時全然口から出て来なかったという経験はありませんか?


これはビジネス英語初心者がよく陥りがちな問題です。
色々頑張っているのに一言も話せない、ビジネスで成果が出せない。

このような場合、あなたの意識を変えない限りどんなに頑張っても、
ベル○ッツやG○BAに通っても英語を話せるようになりません。


ではどのように意識を変えればいいのでしょうか?

あなたが最初にするべきなのはビジネスで成果を出すこと

これは私自身の経験談です。

新卒で外資系企業に入った時、私はTOEIC800点以上取っていましたし、
Native speakerとも日常会話は問題なくこなしていましたし、
海外旅行での英語もほとんど苦労していませんでした。

しかし、仕事となるとイマイチだったのです。
一生懸命話しても何故か形にならないのです。

そこで私はバリバリ英語で仕事をこなす先輩や、
社外でのビジネスエリートを細かく観察してみたのです。


その結果わかったのは・・・・。

ビジネスエリート達は常にゴールにフォーカスしていたのです。

これはほんの一部ですが、こういったゴールに注目し、
そのための英会話に絞って徹底的に覚えて使っていたのです。


それに気付くまでの私は、頭に浮かぶ日本語をそのまま英語にしようとしていました。
これが良くなかったのです。

英語にできることもあるし出来ないこともありましたが、
いずれにしろNative speakerにはイマイチ通じていませんでした。

日本人とNative speakerはそもそも会話のパターンが違う

先ほどのビジネスで成果を出している人々はゴールにフォーカスしていると書きましたが、
ゴールに着目すると「あること」に気付きます。

それはそもそも日本人とNative speakerは、
ビジネスにおいても会話のパターンが異なるということ
です。

つまり、ビジネスで成果を出している人はゴールから逆算して、
Native speakerと同じ会話パターンだけをインストールしているので、
あれもこれも覚えなくてもすんなり通じて成果を得ることができるのです。

例えば英語でのプレゼン、日本人はプレゼンのスライドにたくさんの情報と文字を詰め込みます。

そして、それを事細かに英語で説明しようとして疲れてしまいます。

しかし、Native speakerはプレゼンをよりシンプルにして分かりやすくします
そして、質問やディスカッションで双方の理解をより深めていきます。
* 業界や会社により少々異なります。

つまり、プレゼンに関して言えば「資料を細かく正確に説明する」ことよりも
「よりシンプルにわかりやすくし、聞き手に理解を促す質問をすること」に
意識を向ける必要があるのです。

そしてそれ相応の会話パターンだけ覚えればいいのです。

まずは7シーン X 7パターンにフォーカス

なので、初めから頭に浮かんだこと全てを英語にしようとしないことが大事です。
まずはビジネスシーンで頻度が高い7シーンに絞り、
各シーンで特に使われる7パターンの会話に絞って覚えることが大事です。

今回、各業界をリードするビジネスエリートの皆さんにお話を伺い、
ビジネス英語初心者が何を初めに覚えるべきか?しっかりとあぶり出しました!

ビジネスシーン1:電話応対

  • GOAL1 : 適切な人にしっかりと電話を取り次ぐ
  • GOAL2 : フィッシング的な電話なのか、本当にお客なのか見極める
  • GOAL3 : メールでは読み取れない、相手の腹の中を確認する
  • GOAL4 : プロジェクト進行の遅延を巻き返す
  • GOAL5 : こちらから電話をかけて、その場でコンセンサスor OKをもらう
  • GOAL6 : 顔の見えない相手を笑顔にする。御機嫌斜めを回復する
  • GOAL7 : 電話でアポ取りする

ビジネスシーン2:メール

  • GOAL1 : 新たなチームメンバーをチームに紹介して、溶け込んでもらう
  • GOAL2 : 速報で重要な情報を流す
  • GOAL3 : リマインドして、いつまでに返事をもらう確約をする、承認をもらう
  • GOAL4 : チェーンメールに自分の意見も投じて、チームでの存在感をアピール
  • GOAL5 : メールベースでタスクを進めていく(会議を開くまでもない場合)
  • GOAL6 : 念を押す。重ねてのお願いをする。「何故この作業が必要なのか?」「それが故にあなたの力を借りたい」的な文章上でのアクセント
  • GOAL7 : メールの書き出し、締めの言葉で悩まない

ビジネスシーン3:会議

  • GOAL1 : 会議の目的を参加者全員に完全にシェアする
  • GOAL2 : こちらの要求を的確に一発で伝える
  • GOAL3 : 日本の慣習を英訳することで脳のメモリを取られない
  • GOAL4 : 相手の表情が見えないテレカンでもF2Fのように進める
  • GOAL5 : 会議の前後でしっかりコミュニケーションをとって仲良くなる
  • GOAL6 : 納得していない相手の本音を聞き出す
  • GOAL7 : 不満・反対意見をあぶり出す、収集する

ビジネスシーン4:資料の説明

  • GOAL1 :数字を的確に説明する
  • GOAL2 : 資料の目的を説明する
  • GOAL3 :資料の全体像をシェアする・相手に響くポイントを押さえる資料に関心を持たせる
  • GOAL4 :相手の理解を途中で確認する
  • GOAL5 :自分が持っている情報を完全にシェアする・理解してもらう
  • GOAL6 :理解してもらうために繰り返す
  • GOAL7 :最後に資料を説明した目的(成果)を念押しする

ビジネスシーン5:プレゼン

  • GOAL1 :今日のプレゼンで何を話すか?持ち帰り事項は何か?をシェアする
  • GOAL2 :予想外の質問を少しでも減らす(聞いて欲しい質問を惹起する)
  • GOAL3 :Nativeにすっと入るプレゼン構成
  • GOAL4 :聴衆のエンゲージメントを高める
  • GOAL5 :最後に内容のサマリーをシェアして、認識のズレを修正する
  • GOAL6 :プレゼントークをスムーズにして、聴衆に聞きやすいようにする。
  • GOAL7 :聴衆の集中力を維持、興味を向けてもらう、関係性構築、掴み

ビジネスシーン6:海外出張

  • GOAL1 : 乗り継ぎ便の遅延と代わりの便について確認する
  • GOAL2 :ホテル/アポ先までの交通の選択肢と所要時間・値段・リスクについて確認する
  • GOAL3 :出張先で最高のパフォーマンスを発揮する
  • GOAL4 :お客との雑談をスマートに楽しむ
  • GOAL5 :いいレストランを予約する(上司・部下に喜んでもらうために)
  • GOAL6 :レストラン・CAと楽しく会話をする
  • GOAL7 :使途不明な請求を会社にあげない

ビジネスシーン7:外国からのお客さまをアテンド

  • GOAL1 : 温かく迎え、歓迎の意を伝える
  • GOAL2 :ストレス無く滞在してもらい、楽しんでもらう
  • GOAL3 :滞在中のスケジュールをしっかりと伝え、漏れや行き違いがないようにする
  • GOAL4 :滞在期間中にお互い得たいものを確認する
  • GOAL5 : 日本人の商慣習について説明する
  • GOAL6 :観光スポットについて説明する
  • GOAL7 :相手をVIPに扱う(口語と丁寧語の使い分けをマスターする)

正直、ベル○ッツしんどい

「そんなこと言っても、ビジネス英会話ならベル○ッツやG○BAに通った方が早いんじゃないの?」、
ここまで読まれたあなたはそう思ったかもしれません。

確かにベル○ッツやG○BAはなかなかプログラムもしっかりしていますし、
成果を出している人もたくさんいます。

ただし、成果を出しているのはある程度元々英語のレベルが高くて、とても熱心な人が多いようです。
なぜならベル○ッツなどは先生がNative speakerで、レッスンも全て英語だからです。

それに週に1−2回のレッスンを何ヶ月も続けなくてはいけません。
費用もかなりかかり、ある方は数十万円の学費を提示されたそうです。

つまり、ものすごく頑張れば成果は出ると思うのですが、なにせしんどいのです。
ただでさえ仕事が忙しいのに週に1回をずっとというのは、
現代のビジネスパーソンにはやさしいことではありません。

それにレッスンが全て英語だと、分からないこともその場で質問がままなりません。
結果、会社で英語を使えないフラストレーションをレッスンで再現することになりかねません。

私はベル○ッツやG○BAを否定するつもりはありません。

しかしもし

すぐにでも成果が出せるのです。

この「すぐ」が大事です。なぜならビジネスは毎日動いていて待ってくれません。
それにまずはすぐに成果を出すことで自信がつきます。周りからも一目置かれます。
結果的に大事な仕事を回してもらえるようになり、あなたのキャリア・収入に直結してきます。
そこからまたビジネス英語をブラッシュアップしていけばいいのです。

時間・ストレス↓ 給与・評判↑

先ほども書きましたが、昔の私はTOEICで800点を超えていても
ビジネスシーンで十分な英語力を発揮することができませんでした。

しかし、留学したことがなくてもバリバリ仕事で成果を出すビジネスパーソンたちの
「ゴールにフォーカスする英語」をコピーしてから、本当に仕事が楽になりました。

まず、メールや電話といった些細な業務に時間がかからなくなりました。
会議やプレゼンでは日本語と同じくらいのパフォーマンスを発揮できるので、ストレスも減りました。

ビジネスとはいえ、言葉が通じないこと自体ものすごいストレスですから。

それだけではありません。社内でも一目置かれるようになりました。
そしてビジネスパーソンとしての可能性が無限に広がりました。
本来であれば不可能な海外出張に任命されたり、
業界ではありえない早さでプロジェクト担当につくこともできました。
過去、転職で年収400万円アップにも成功しました。

こう聞くと、「自分には無理だ」と思われるかも知れないですが、
「Yuki式ゴール逆算型ビジネス英会話」セミナーでお伝えする内容をインストールすれば
決して不可能ではなく、誰にでも実現可能だと私は確信しています。

Yuki式 ゴール逆算型ビジネス英会話セミナー

日程 2016年10月8日(土)・ 9日(日)
時間 11:00 – 17:00 (多少の延長あり、24日には任意の懇親会をします)
開催場所 東京都内某所(参加者の方にご連絡します)
参加費 9万8千円
人数 最大5名 (2日で徹底的にインストールしていただくためです)
対象者 ビジネス英会話初心者or日々の英語関連業務にストレスを感じている方
2日間セミナーに申し込む(クレジット) 2日間セミナーに申し込む(銀行振込)

参加者限定特典

今回参加された方には、2日間徹底的に「ゴール逆算型ビジネス英会話」をインストールしますが、
2日終えた後に今後の方向性など新たな課題・疑問が出てくると思います。

その課題・疑問について、後日音声にてフォローアップさせていただきます。
その音声は日本でもかなり有名なビジネスエリートの方と録ります。
その方は会社のお名前を背負って仕事されているのでここでお名前を公開できないですが、
本当にすごい人なので楽しみにしていてください。

参加者の声

永田映子さん(介護老人保健施設 レクレーション担当 某NPO法人 市民研究員 高齢者の認知機能の研究)

Q.本セミナーを学んで業務に役立ったことトップ3を挙げていただけますか?
三日後にある事業所との契約をまとめる機会がありました。
その際に教えていただいたセオリーを応用して臨みました。
まず、行動を起こさせることを第一とする。
そのためには、相手の中にぐっと踏み込む説明をする。
アドバンテージを丁寧に説明して、理解いただく。
そのように努力しました。
Q.その中で、特に一番良かったことをあげてください
相手の立場にたって、何が一番知りたいかを予測しました。そのためには何が必要なのかを考え、準備しました。そのかいあってか、すべてにおいてなめらかに気分よくお話しができましたし、お互いの条件のすり合わせも滑らかに進みました。
Q.一番印象に残っていることは何でしょうか?
すべて準備したうえで、本日中の合意がなされるように祈っておりますとお伝えしました。そして、そのようになりました。
Q.このセミナーは、どのような人に役立ちますか?
ビジネスもそうですが、日常生活での無駄な迷いや逡巡を整理して、クリアな気持ちで日々を過ごすことができると思います。
Q.参加を迷っている人がいたら、何と声をかけますか?
自分の経験をお話しして、相手が興味を持つようであれば、おすすめしたいと思います。必要であれば、すっと頭に入るのではないでしょうか。

高木厚司さん(商品企画・50代)

Q.本セミナーを学んで業務に役立ったことトップ3を挙げていただけますか?
「役立った」と言われると、まだそのシチュエーションが無いのですが、今後予想されるものとして
1.メール 2.資料説明 3.プレゼン
といったところでしょうか。
でも急遽出張とか、突然の来日などもある得るので、シーン別の例文は、いざという時に重宝しそうな気がします。
Q.その中で、特に一番良かったことをあげてください
さし当たってはメールです。
以前より“自分で作文するよりもまずパクる”を心掛けてるので、今回の例文を自分の“パクリスト”に転記中です(笑)
Q.一番印象に残っていることは何でしょうか?
3分〜5分で例文の丸覚え→ネイティブと実際に会話(→大汗)を怒涛の如く繰り返す今回のハードなレッスン。極め付けは、丸々1ページ分(見ながらしゃべって1分半〜2分ほどですが)を翌日の宿題と課せられるなど、久々に脳ミソに大汗かきました。
最近少したるみ気味の私には、心地良い疲労感を得ることができました。
Q.このセミナーは、どのような人に役立ちますか?
タイトルは「ビジネス・・・」ですが、職種に関係なく日々のレッスンで“文章を覚えようとしているが中々覚えられない”という方には最高じゃないですか。
参加すれば覚えられる・・・とは言い切れませんが、覚える為のコツというか、要領というか、つまり一人じゃ挫折しそうな(楽な方に逃げてしまいそうになる)タスクを集中的に実践するので、絶対に得るものはデカいと思います。
Q.参加を迷っている人がいたら、何と声をかけますか?
無理強いはしたくないです。キツイから(マジ!)
でも、本気で英語をものにしようとしていて、今現在、少し行き詰ってるような人にだったら、『はい、行きます!』と答えるまで、じっと(笑顔で?)睨み続けます。(但し、知り合いに限りますけど。)

森根 いずみさん(主に社内向け広報担当)

Q.本セミナーを学んで業務に役立ったことトップ3を挙げていただけますか?
1. メールの書き方がシンプルになった
2. 複雑な状況を簡潔な文章と言葉で伝えられるようになった
3. 電話対応の取りこぼしが前より少なくなった
Q.その中で、特に一番良かったことをあげてください
一つの日本語表現に対してどの英単語をあてたら相手に伝わるかを考える癖がついた
Q.一番印象に残っていることは何でしょうか?
ゆきさんのpassion
Q.このセミナーは、どのような人に役立ちますか?
ビジネス英語を勉強したいがとっかかりを探している人、ある程度英語に慣れてきたけど本当に自分の英語が通用するか確かめたい人に役に立つと思います。
Q.参加を迷っている人がいたら、何と声をかけますか?
二日間はあっという間に過ぎます。二日で自身が成長を実感できる、今後のお仕事や英語に接する事の楽しさを得ることができるセミナーはなかなかないので是非ご自身で体感してみてください。
その他:
Passionあふれる2日間であっというまに時間が過ぎたと思います。
先日参加したセミナーの効果は今でも続いています。

CNNを見るようになったり、それまでスルーしていた
自分の仕事に関連のある記事を読むようになったり、
以前よりも前のめりで仕事しているし、
セミナーで教わったメールの書き方を変えてから
言いたいことやコミュニケーションがシンプルにかつ活発に
なったような気がします。

アメリカ人と一緒にがっつり仕事をして数年が経ちますが、
この状況ではこのフレーズがいいなど
仕事をしていて誰からも教わることができなかったことを
たくさん聞くことができました。
(would とcouldのことを上司に質問しましたが彼は特に気にならないといわれました。)
また繰り返しの効果を実感でき、英語のリズムや発音の確認ができました。
ゆきさんの説明はとても分かりやすくて熱を帯びているのが
とても伝わってきたので危機感を持つことができたし、
ぴりっとした気持ちになりました。

学習の合間にNativeや一緒に参加したみなさんとのやり取りも
とても面白くて刺激になりました。
英語を使えないと業務が成り立たないにも関わらず、
英語に対して貪欲な姿勢を見せる人が職場ではあまりいないです。
そんな中でバックグランドも年齢も様々な参加者の皆さんと
お話しできてinspireされたし、もっと英語をがんばろうと思いました。
それと共に、アメリカ人上司とマンツーマンで仕事ができる
自分の置かれた環境がいかに恵まれているかを痛感しました。
その環境をまだまだ活用できてないことに気づけてよかったです。

また今回のようなセミナーがあれば是非参加したいです。

I・Eさん(マスコミ・広告)

Q.本セミナーを学んで業務に役立ったことトップ3を挙げていただけますか?
1)会議の進め方パターンを体で覚えられる(Problem,suggestion,benefit,risk,call to action)

2)大量会話パターンではなく、あるある場面での
  頻出フレーズのみが凝縮されて応用しやすい

3)Emailにおける丁寧さは丁寧な物言いではない
  また否定はなく、同意か代案しかないので
  物事の決定や意思疎通の効率が良くなる
Q. その中で、特に一番良かったことをあげてください
言えるかどうかの前に、スタンスの違いを知ることが大きいですね。異なる意見でもまず受け止めて、「わかるよ、でもね」は、会話のパターンではあるけれども、異文化配慮を前提としていると思います。「否定はない。同意か、代案しかない」というのは刻まれました。そして実際その方が便利です。(否定だけされてもどうしていいかわからないので)
Q.一番印象に残っていることは何でしょうか?
結局、ばかみたいだけど、何回も暗唱しないとすっと出てこない、という当たり前の事実を思い知りました。1人だと暗唱することへのプレッシャーがないのですが、缶詰で次に自分にくる、という状態だとみなさん驚異の集中力を発揮していました。自分もです。暗唱にフォーカスすることで、スラッシュリーディングの良さを知りました。
Q.このセミナーは、どのような人に役立ちますか?
ビジネスをする人すべて。ビジネスしていなくても、英語のストラクチャーを知りたい人すべて。
Q.参加を迷っている人がいたら、何と声をかけますか?
12時間集中なので、英会話スクールレッスン40分×18回分と同等。でも18回なんとなく通うより集中することで身になるのではないでしょうか。2日間だけなら飽きっぽい人でも、忙しい人でもなんとかなります。あとレベルも様々でしたが、それぞれのレベルごとの指導があり、他の人へのアドバイスも参考になります。

講師プロフィール

今回あなたに「ゴール逆算型ビジネス英会話」を
バッチリ叩き込む私の経歴です。

千葉大学薬学部・千葉大学大学院医学薬学府卒、薬剤師。
当時の万有製薬株式会社(現・MSD株式会社)に入社、
数々のグローバルプロジェクトを担当する。

その後CROに転職し、外資系企業への数々の提案を成約させる。

その後は日本イーライリリーに転職し
グローバルチームの中で日本のプロジェクト担当として
複数の案件を担当する。

2016年5月に独立。

追伸

とても幸運なことに、
私は各業界でトップを走るビジネスパーソンや起業家の方とお話するチャンスに恵まれています。
彼らからよく聞くのは、「最近勢いがあるのはやはりアジア人の若手」ということです。

ただし日本人はあまり含まれていません。

例えば韓国や中国の若手は、
日本語と英語を一生懸命覚えて日本やアメリカに渡ってキャリアを研鑽しています。
とても積極的に仕事をし、見ていてとても楽しいし期待しているとのことです。

こういう話を聞くと、
「最近の日本人は元気がない・勢いがない」ということを言う人がいますが、 私はそう思いません。
グローバルな環境で仕事をしてきて思うのは、日本人は静かではありますが仕事のクオリティも高いし、
素晴らしい技術がたくさんありますし、個々人の能力も非常に高いです。


海外の人と仕事をしていると、たとえどんな有名な会社の社員であっても、
驚くほど適当な仕事をしている人に遭遇して驚きます。

日本人はただ、英語のフィルターを通すと「通じない」なくて本領を発揮していないだけだと思うのです。
しかも「通じない」のは文法や単語力の問題でなく、「会話のパターンが違う」ことに気がついていないだけなのです。


正直今現在英語が得意か不得意か関係なく、このNative speaker達が本当に使う
「会話のパターン」を覚えるか否かがビジネス英会話成功の秘訣です。

私自身が外資系企業で学んだこと、
そして世界で活躍する日本のビジネスエリートの皆さんから学んだことを是非あなたにも知ってもらい、
日本人が個人レベルとしても会社レベルとしても、国レベルでももっとプレセンスを発揮できるようになれば、と切に願っています。

2日間セミナーに申し込む(クレジット) 2日間セミナーに申し込む(銀行振込)