「ワラビーはカンガルーより小さくて顔も中心に寄ってシュッとなっている。」~pointの使い方~

shutterstock_300473654

 

Wallabies is smaller than kangaroos and their face is pointer than kangaroos'

「ワラビーはカンガルーより小さくて顔も中心に寄ってシュッとなっている。」

 

オージーにカンガルーとワラビーの違いを質問したら このような答えが返ってきました。

pointerは日本語にうまくできなかったのですが、ワラビーの顔を見るとそれをpointerと表現するのねと納得できます。

pointは動詞で~を狙う、指す、方向に向くなどの意味がありますが、これはポイント=点に(視線や注目が)集まるという感覚かなと思いました。

 

【Update information】

ここで、ネイティブに聞いた上記以外で見た目を表す実際に使える表現をご紹介します。

 

He has a cleft chin.              「彼は縦に割れ目のついた顎をしている」

His face shape is long rather than round.   「彼の顔の形は丸いというより長い」

His earlobes are detached from his head.   「彼の耳たぶは頭から離れてついている」

His nose is upturned.             「彼の鼻は上向きだ」

 


6 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ