「急がなくていいよ、急ぐと損するよ」~相手に落ち着いてもらう表現~

shutterstock_366396197

Don't rush, haste makes waste.
「急がなくていいよ、急ぐと損するよ」

まだ十分準備ができていないのに
試験(6万円ぐらいする)を急いで受けようとするクラスメートに
先生が言ってました。

Hasteは名詞で
「急ぐこと、迅速」という意味があり
そこからの派生で「軽率」という意味でも使われるようです。

辞書を引くと
ことわざの「急いてはことを仕損じる」
の意味だそうです。

同じくhasteを使うことわざで
more haste, less speed
「急がば回れ」というのものっていました。

hurry(名詞)と意味は同じですが
少し堅い言い方だそうです。

使い方も似ていて
In my hurry(haste) to catch a train, I slipped on a floor. 「電車に乗ろうと急いでたので、床で滑った」
のように使えます。

私にとってははじめての単語だったので
色々例文を書いて長くなりすいません。

 

では、ネイティブに聞いた
上記の状況下で、実際に使える表現をみてみましょう。

Take your time.   「ゆっくりしてください」

Be careful.      「慎重に、気を付けて」

Don't rush things.  「焦らないで、落ち着いて」

 

いかかでしたでしょうか?

いろいろなバリエーションを使えるようになるといいですね。


8 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ