「天候不順により、午後の飛行機は全便遅延になりました」

 

TOEICのPART5に役立つ表現をご紹介します。

今日はあなたが乗ろうとしている飛行機が天候不順で遅れた場合の表現です。

これは、TOEICのリスニングにもリーディングにも非常に出てくる表現なので

是非覚えて頂ければと思います。

 

最初にクローズアップフレーズですけれども、

"due to inclement weather" です。

"inclement weather" で「天候不順/良くない天候」という意味になるので

"due to" 「~による」をくっつけると

「天候不順により/天候不順が原因で」という意味になります。

 

これを使って長めの文章にチャレンジしたいと思います。

あなたが空港に行った時に、天候不順によって午後の便が全て遅延になっているといった状態を

アナウンスで英語で表現します。

"This afternoon's flights have all been delayed due to inclement weather"

と言うことが出来ます。

 

アメリカや海外の航空会社は非常に天候で簡単に便が遅れたりすることも多いですし、

振替えも非常に多くなります。

乗り継ぎが1回で済むところが2回になってしまったりすることもあるので、

皆さんにこの表現を覚えて頂ければ、その状況に迅速に対応できると思います。

是非、覚えて下さい。

 

それでは、3回声に出していうことと、3回書き出すこと、3回書き出すこと、

また寝る前にこの動画で私に会いに来ることを忘れないで下さい!

 

 

 

 

 


1 件のコメント

  • Missy より:

    Today's flights have all been delayed due to an accident.

    今日も羽田空港で欠航でてるみたいですね。inclement whether だけではなく

    秒単位の空港では、何か一つトラブルがあると、どんどんずれこんでしまいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ