「荷物運ぶのを手伝いましょうか」

 

今日もTOEICのPART2に役立つ表現をご紹介します。

今日は「~をお手伝いしましょうか?/助けましょうか?」

と言う風に相手に聞けるフレーズをご紹介します。

空港やお店などで、定員さんとやりとりがすごく出てくるので是非押さえて下さい。

 

今日のクローズアップフレーズは

"Can I help you ~ ?" です。

この表現は聞いたことある方いっぱいいると思いますが、

長くするとポイントが非常に重要になってくるので、それを押さえて頂ければと思います。

 

では、これを使って応用してみます。

「荷物を運ぶのをお手伝いしましょうか?」と聞いてみたいんですけれども

"Can I help you cary these packages ? " と言えます。 

 

ポイントは、"help" は一緒にセットにする 

要は 助ける行為は必ず原型 で表現するというのがポイントです。

"Can I help you carry" の "carry" =「運ぶ」という動詞の原型を入れています。

"to" とか "for" などの余計な前置詞は要らないということを

覚えて言って頂ければと思いますし、

 

これはTOEICのPART5の文法で単語を選ばせる問題で時々出てきます。

なので、是非、覚えて頂いて海外旅行でも使って頂ければと思います。

 

それでは、記憶の定着の為に、3回声に出したり、書き出したり、

寝る前に動画を再確認して私と一緒に記憶の定着を図って下さい!

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ