「スーツがいい生地で造られている」

今日は難しいやるをぶちこみました。
もしあなたが海外旅行へいって
例えば台湾、香港、シンガポール行ったら
でぃごく生地がよくて、したてもいいのに
ブランドものを買うよりもやすい
というようなことがあると思うんですが、

この状況をなんとなく説明できるようになるのが
今日の目標です。

日本語での説明もこれだけなので、
結構英語でも大変なんですが、
まずはクローズアップフレーズを説明して
しっくりきていただければな
と思います。

今日のクローズアップフレーズは
"be made of~"
これで
~で造られているという意味になるのですが
ひとついっておかなければいけないのが
be made of の場合は
原材料がそのまま残っているとい感じです。

例えば、
"this desk made of wood"
っていったら、机が木から作られているという意味で、
気がまだ残ってますよね。

だけど、ビールとかワインって
麦芽もブドウも残ってないですよね。
そいう言う場合は
be made fromを使います。

そういう風かというと
Wine made from grapes
という風な感じです。

なので材料が目に見えて残っているものは
be made of
材料が加工されて残っていないものは
be made from 
なので使い分けが必要です。

今日はですね、スーツが生地として残っているということで
"The suits are made of high quality cloth 
yet are reasonably priced."
一つめのポイントとして
clothは単数で使うと布切れという意味になります。

つまり、クオリティの高い布で
造られたスーツと言っているわけですね。

高品質な布で作られているにも関わらず、
値段が非常にリーズナブルだということで
後半部分です。
yet are reasonably priced
というう風につながります。

非常に長い文章ですね
一つは
made ofとmade fromを使い分けるのと
cloth の単数形は布ということ

今日のやつ早口チックで結構難しいかもしれませんが、
何度も聞いて丁寧にやっていもらえばなと思います。

それでは以上です!



6 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ