「私は結構です、ありがとう。もういっぱいいただけますか?」

今日は、TOEICだけでなく、海外旅行に行って、「まずいな~」ということが起きないためのフレーズをご紹介していきます。

もし、海外に行って、一杯お酒が飲みたいな、と思って、わりかしいいところに入ったのに、カウンターにいたら誰かに声をかけられた、と。でもお酒はまだ飲みたい。こういう時にどうするか、という内容をお届けします。

で、やることとしては、自分はカウンターに座っている、飲み物がそろそろなくなりそう、もう一杯飲みたい、そうしたら、別のところから異性もしくは同姓が来て、「おごるよ」と言われた。さあどうするか、なんですが。

一番ベターなのは、そこで切り上げてしまうのがいいかな、と思うんですが、いやいや、私はまだ頑張って飲むぞ!という場合は、こちら(誘い)をお断りする。「おごってあげるよ」というお誘いをお断りする。

で、バーテンダーに、「直接自分で払うから、もう一杯ください。」というふうに言う。

これをいっぺんにやることをご紹介します。

ではまず、こちらのお誘いに対して(お断りする)ですけれども、

こちらのお誘いについては、

I'm fine, thank you.

というふうに

「私は大丈夫ですから、いいですよ」(私は結構です。ありがとう)

というようにお断りします。

一番最初の英会話で習う"How are you, today." "I'm fine thank you, and you?"の"I'm fine thank you."で、こういう時に使えるんです。

"fine"=「大丈夫」なので、結構です。と言って、(今度は)バーテンダーに向かって、

Can I have another one?

「もう一杯もらえますか?」(もう一杯いただけますか?)

というふうに聞いています。

この(誘ってきた人とバーテンダーとの間の)切り返しがすごく大事ですね。

こっち(誘ってきた人)には断る、こっち(バーテンダー)にはお願いする。

という感じで、両方セットで覚えて、ぜひバーでトラブルに巻き込まれないように、上手くやってみてください。

飲み物に何を入れられているかわからなくて、それでいろいろトラブルになっているケースがあるみたいなので、ぜひ気を付けて、旅行に行ったら自分の飲み物は自分で買うと。

ということで、頑張ってみてください。

それでは以上です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ