「ちょっと高いですね、値引きしてもらえますか?」

今日もTOEICだけでなく、海外旅行で「あ”~」っていう嫌な思いをしなくて済むための英語をご紹介していきます。

今日は、少しアメリカとかではなく、ヨーロッパの露店とか、ニューヨークの露店とかで買い物したりとか、もしくは東南アジアや、その他のちょっとだけ危険な国で、何かショッピングをするときに使う英語です。

そもそもそういう地域で英語が通じるのか、という疑問がありますが、まぁ、これくらいは通じるだろうという内容をご紹介していきます。

基本的にアメリカとかだったら、露店で物を買うということはあまりお勧めしないかな、と思いますが、ヨーロッパとかだと、歴史的な遺跡に行って、雨が降ってきたりすると、流しで傘とかを売っている人がいるので、そのくらいだったら(それを買う)仕方ないかな、という感じですが、お土産や、ブランド物のバックを路上で売っている人とかいるじゃないですか。それはちょっと危険なので、それはダメ、という前提で、何かを買う、でもちょっと法外に高いからディスカウントを頼むという内容でご紹介します。

今日ご紹介する内容は、

That's too much. Can you discount this?

です。これで、

それはちょっと高いよ~。だから、ちょっとディスカウントしてくれる?

(ちょっと値段が高いです。値引きしてもらえますか?)

というふうに聞いています。

"That's too much"です。日本人って、「高い!」ってなると、"expensive"とか何とかを一生懸命言おうとするんですけれども、実際口語表現の時は、"That's too much"でぜんぜんOKです。

なので、それを言った後に、"Can you discount this?"です。

これで、パッケージで覚えていろいろなところで言ってみるといいかな、と思います。

東南アジアとかだと、日本人に対しては特別価格(!?)になっていますし、私は東南アジアに行ったことがないですが、ロシアに行った時も、結構日本人価格になっているんですよ。

で、もう高くて、一緒に来てくださったロシア人の方が、「これは、びっくりするくらい高いから!!」と言って、交渉してくれたら、半分くらいの値段になるんです。それでも、高いはずなんですよ。なので、本当に日本人は吹っ掛けられているので、ぜひ、これを使ってみてください。

そして、納得いかないものは買わない。ある程度(値段が)下がって、納得がいったら買う。まぁ、旅ですからね。思い出も必要ですので、その辺は匙加減を使いながら、ぜひ旅をエンジョイしてみてください。

それでは以上です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ