今日も、TOEICに役立つのではなく、

ネイティブがへこんでる時に、

思いっきり的確な言葉でしっかり慰めてあげられるような

表現をお届けする10回シリーズの最後です。

今日のやつは簡単なんですが、

文化的背景とかちょっと説明しなければいけないのかな?

ぜひ楽しく聞いていただければなと思います。

今日のクローズアップフレーズはとばして

的確にネイティブにエールを送る表現をご紹介します。

今日の本文は

“Smile Cheer up buttercup.”
(笑って!元気出して!)

smile
笑って

cheer up
元気出して

チアリーダーっていますよね。
元気をリードする人たちという意味になります。

最後のbuttercupは

キンポウゲ

こういう時になぜこれを使うのかネイティブに聞いても

ネイティブは当たり前過ぎて分からないというのですが

調べてみたら、

花言葉が

弱いもの、未熟もの

という意味で、

転じていうと

ケアしてあげない、儚い存在が

buttercup

自分よりも、

テンションが低い人、可哀想な状況の人
自分よりも年齢が低い人
に対して

元気だせお前!

という感じで使います。

なので、今日の

“Smile Cheer up buttercup.”

は歳上の人には使わない方がいいのかなぁと思います。

自分よりも立場が下の人

後輩、んかの良い友だち

年齢が下の兄弟

年長の方に

buttercup

を言うといけないかもしれません。

こういう表現を見て思うのですが

結構英語文化って

花言葉入り込んでますよね

私達はわかんないので、出てくる度に

感覚的に覚えていかないと

やけどすることもあるのかなぁと思います

buttercupは

弱々しいものに対して言うもの

といことを覚えたと思うので

ぜひ

smile!!

な感じでぜひ使ってみてください!

それでは以上です!