「ランチに何か食べるのはどうでしょうか?」

 

今日もTOEICのPart3に役立つフレーズをご紹介します。

 

TOEICのPart3はリスニングの中でも、ちょっと文書が長めになっています。

結構痛いところついてくるのが、定型文的な感じですでに知っている文書でも、

パターンを変えられてしまうとわからなくなってしまうものありますよね。

そういうのを果敢に狙ってきたりするのがPart3です。

 

今日、ご紹介するやつもそんな感じなんですが、TOEICのなかでそんなに頻度は高くないかもしれないですが、

もし万が一出たときに知っておいたらばっちり点数が取れるのでしっかり覚えましょう。

 

それでは今日のこれだけ抑えていればOK!なクローズアップフレーズは、

”What do you say to ~ing”(~するのはどうでしょうか?) です。

 

「~するのはどうでしょうか?」という表現で一番多いのは 、

”How about ~” (~どうでしょう?)が学校でよく教えられた表現だと思います。

ですから今日ご紹介した”What do you say to ~ing”だけだと頭に入らないと思うので、応用文でやってみましょう。

 

今日の応用文は、

”What do you say to having something to eat for lunch?”

(ランチに何か食べるのはどうでしょう?) です。

 

”having something” で何かを持つことという意味になりますが、”to eat”がつくことによって、

「何か食べるもの」という意味になります。

これは”having something”だけでは駄目なので、後ろに”to eat”がくっついているわけです。

それで何のために食べるかと言うと、”for lunch”ですね。

これは”lunch”が、”breakfast”でもいいし、”dinner”や”supper”でもよいわけです。

 

でも私自身は、このフレーズをネイティブが使っているのをあまり聞いたことがないんです。

私の周りだけなのかもしれませんが^^;

ですからこういうフレーズがあるんだなと、このフレーズが出てきても「もの落ちしない自分」をつくるために、

覚えて頂ければいいなと思います。

 

英語ってある程度やっていると、同じことを繰り返している自分に対するイメージが下がるというか、

また同じ事いっているという感じでつまらなくなってしまう事があります。

時々、何をどうしましょう?という提案をするときに、変り種の今日のようなフレーズを使ってみると、

自分に対する刺激もあっていいかなと思います。

 

それでは以上です。

 


2 件のコメント

  • Missy より:

    What do you say to changin a cloth for a dinner?
    How about でどうでしょう?は使っているので、このフレーズも使ってみます。
    ディナーのために、服をお着替えになってはいかがですか?上司にはあまり使わないかなぁ?

  • chobi より:

    〜ing、ポイントですね。こういう所がわたし、抜けやすいので、気をつけます。色々な表現ができたら素敵ですが、まずはHow aboutがスッと出てくるようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ