【慰めの英会話】心配しないで、トンネルの最後には光があるから


ネイティブが落ち込んでる時に

サッと傷を癒やしてあげられるような表現を

シリーズでお届けしています.

今日の表現は少し比喩を使って相手を

一生懸命慰めてあげようというフレーズになります。

今回のネイティブを慰めるための表現は

“Don’t worry, there is light at the end of the tunnel.”

です。

心配しないで、必ず光があるから

と言っています。

まずは

there is light

光がある

どこにかというと

at the end of tunnel

トンネルってカタカナ英語で

tunnelって言います。

あれ?!って思うかも知れませんが、

発音さえしっかりすれば通じることがあります。

トンネルって暗いですけど必ず出口があって

そこから光が入ってるわけですよ。

だから辛くってもそこはトンネルの入り口か

中くらいであって

このまま真っ直ぐ進めば

必ず光があって出口があるか大丈夫だよって

心配することないよって言ってあげてる感じです。

なんかすごく良い表現ですよね。

言ってるだけで自分もすごくいい人になった気分になるくらい

良い表現だと思います。

だいたいこういう時って

想定外に起こるじゃないですか。

なので何かしようと思って準備する表現では

ないと思うんですよね。

その場に遭遇したらぱっといえることが大事だと思うので

ぜひ今日も何回も繰り返してシャドウィングしたりすることによって

しっかり頭に入れていただければと思います。

一番相手が辛いときにドンピシャで

言ってあげなきゃ意味がないと思うので

避難訓練と一緒で何もないときこそ

たくさん練習していただければなと思います。

それでは以上です!


15 件のコメント

  • quo より:

    There is light at the end of the tonnel.

    いい言葉ですね♪

    ストックを入れておくと、これが言いたいのに!

    といろいろ言葉を探す時間が短縮されるのでとても良いなと思います。

     

  • scirol より:

    調べたら light でも a をつける用法があるんですね!

  • Missy より:

    Don't worry there is  light at the end of the tunnel.

    慰めの言葉がかけられると、関係性もよくなりそうですね。

    フィリピン人は、何か問題あると、日本語で、しょうがない、しょうがない。と言ってます。

  • nao より:

    tunnelの発音が難しくてとっさに出てくるか心配なので何度も練習します!

  • corocoro より:

    tunnelの発音、難しいですね。

    でも、いつかネイティブの人が落ち込んでいたら、ごく自然にさらっと

    Don't worry, there is light at the end of the tunnel.

    と声をかけてあげたいです!

    I'm staying with you till then.

    とか付け足しても良いですかね?

  • juneberry より:

    かさなってすみません。画面がちょと混乱しまして・・・。

    夜明け:dawn ,daybreak

    It will be chilly around dawn.  このところ朝方は冷えましたが、もう夏本番です。

  • juneberry より:

    朝の来ない夜はない、という言葉もありますね。

    暗闇にいると、明日のことも考えられないものです。

    そんなゆとりはないから・・・。

  • juneberry より:

    朝の来ない夜はない、という言葉もありますね。

    暗闇にいると、明日のことも考えられないものです。

  • juneberry より:

    At the end of the tunnel.

    The rise and fall.

    Ups and downs.

    自分が動けないときには、じっとその場で待つということも大切ですよね。

    へたにジタバタしても、あまり良いことはなかったです・・・。

     

  • audi1622 より:

    “Don’t worry, there is light at the end of the tunnel.の表現は今はいいことがないけれどきっと未来には希望がもてるので少し辛抱しときなさい的な感じですかね。

    失恋したときなど慰めのフレーズには最適ですね。人生いろいろあるので石の上にも3年ですかね。今の自分にも当てはまるフレーズです。

     

  • chobi より:

    tunnelの発音記号tʌnl、改めて見るとやっかいですね…もちろんカタカナのトンネルとは大違いですし、最後の発音が[n]と[l]の連続音になっているのが私には難しく感じています。カタカナになっている音こそ、練習をしっかり頑張ります(^^)

  • chobi より:

    Don’t worry, there is light at the end of the tunnel.少し前、職場で辛い環境だったので、こんな言葉掛けられたらジーーンとしてたと思います。

    • avatar
  • natto1129 natto1129 より:

    "Don't worry. There is light at the end of the tunnel."

    友人と2人きりで、人気の無い海岸沿いのベンチで気の利いた比喩表現で癒してあげる。

    いいですねー。

    • natto1129 natto1129 より:

      "Don't worry! There is light  at the end of the tunnel."

      不可算名詞を頭にインプット(^^)

    • corocoro より:

      natto1129さんの「友人と2人きりで、人気の無い海岸沿いのベンチで」のフレーズと「Don't worry」から、ドラマのロングバケーション(木村拓哉さん、山口智子さん)に良く出ていた「Don't worry, be happy」の看板を思い出しました。

      おかげで、Yukiさんがおっしゃっていた「イメージで覚える」のにピッタリなイメージ付けができました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ