TOEICのハイスコアと言いながら このシリーズでは、ネイティブが本当に辛い時 悲しい時に慰めてあげる表現 をご紹介します。 それでは、本文にいきます。

今日の応用文

“Please let me know if there is anything I can do for you.”

(もし私にできることがあったら言ってね)

Please let me know=私に知らせて下さい。 if there is anything I can do =もしできることがあったら です。

例えば、悲しくて今日はパッと騒ぎたいという時とか、 あと今日は美味しい出汁の効いた茶漬けが食べたい時とか 人によって慰められ方ってあると思うんですよ。

必ずしも時間が経つのを待つんではなくて、 ちょっと眺めの良いところ行くと気が晴れるとか 風にあたってみるとか 色々あると思うんですよね。 なのでそれを聞いて、一緒にやってあげるから言って という表現です。

慰めるときに失敗なのって、自分が良かれと思ってやったことが 相手のして欲しいことではなくて 悪化させたりすることもあるじゃないですか。 だから何とかしてあげようかな ということよりも 何して欲しいのかなって探りながらで 今日のフレーズはすごく使えると思います。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは以上です!