Y:Hi, guys. ユキです。

C:Hi, everybody. Cameronです。

Y:今日もですね、TOEICのPart4の新形式に出てきそうなやつですね、をお話ししていきたいと思います。

手順としては、クローズアップフレーズ見て、TOEIC的な英文を見て、Cameronの日常英会話の応用を見て覚えていくっていう感じです。

じゃあ今日のまずクローズアップフレーズなんですけども。

これいいですな。

fill up(埋まる、一杯になる)

なんかfillだけでいっぱいになりそうな感じするけどfill upなんですね。

C:そう。今回はfill up

Y:今回はね。

じゃあ早速CameronにこれでTOEICに出そうな英文をちょっとご紹介頂きたいんですけど。

C:じゃあユキ、コンサート好きですか?

Y:うん。

C:じゃあコンサートは、例えばライブ、日本語でライブだけども、一番自分に良い席はどこですか?

Y:なんかあのあれ?アリーナ?

C:アリーナ?でかいところだったら横?

Y:そうそう袖のところ。高くなってるところ。下じゃなくて。

C:OK.

もし例えばそれがコンサートですよね、ライブ100人とか200人集まるところでbasement、地下室とかそういう場所だったらどこが一番いいと思います?

Y:一番前が良い。

C:一番前ですよね、やっぱりね。

みんなは一番前のところに行きたい、それ行きたかったら早めにいかないとだめでしょ。

Y:あー取られちゃうからね。

C:そう、だから

The seats at the front will fill up quickly, so you’d better hurry.

(前列の席はすぐに一杯になるので、どうぞお急ぎください)

よくありますね、ちょっと遅れちゃうごめんなさい、ああわかったって着いたら一番後ろの端っこしか残ってないとか。

Y:ああーライブはもうダメね。遅刻したらダメね。

C:So, the seats at the front、一番いい席が早く埋まる、だから急いでねって。

The seats at the front will fill up quickly, so you’d better hurry.

Y:OK. いいですな。

まあこれあれですよね。Part4だから、Part4ってよくほら、アナウンス系あるじゃないですか。

なんかあの館内放送みたいな感じで、イベントやります、前の席埋まりやすいので早めにお越しください、みたいな館内放送でこれ使われるんですよ、多分。

C:なるほどね。

Y:そうそうそう。

それでCameronだったらどんな感じで使います?日常英会話だと。

何回回してるの今日これ?

C:来月は何月ですか?

Y:5月。

C:5月。5月みんな楽しみにしてる何かありますか?

Y:ゴールデンウィーク?

C:ゴールデンウィークですよねー。

で、ゴールデンウィーク、できれば例えばまあ3日間とか1週間とか、休みが取れたらどっかきたいよね。

だけど、4月末にどっか行きましょう、じゃあちょっとどこかなーじゃあ北海道の温泉に行きましょう、いつ行きますかって。まあGWに行きましょう、OK、じゃあそれだったら4月末になって予約入れてみよう。

無理ですね。

Y:全然間に合わない。

C:全然ダメだね。

そう。だからそれだったら、それぐらいの時期だったら温泉もダメ、電車も絶対無理です。

特にゴールデンウィークの387%立たせてたみたいな感じとか。

Y:そうそう。

C:立つ場所もないし、だから早めにやらないとね。あの去年の6月ごろ予約入れないと。

Y:そんなに。私ゴールデンウィーク旅行したことないからわかんない。

C:難しい。本当にゴールデンウィークは難しいんですよ。

だから、結構使いますよね。

電車が早く埋まるのでゴールデンウィークのときに電車が早く埋まるから早めに予約入れないと無理でしょ。ね。それは使いますよ。

During Golden Week , the trains fill up quickly, so we’d better hurry and book our tickets.

land transportationはあなたの責任だから。

Y:陸路はね。

これあれですよねyou’d, we’dって・・・

C:We’d better hurry up and buy our tickets.

Y:これ’dって何の・・・

C:We would

Y:We wouldですって。

C:Or we should actually, or we had better.

In this case, we’d betterの場合はwe had betterになっちゃう。

Y:あーなるほどね。

で略してwe’d better hurry and book our tickets.

C:Or book our resort, especially during Golden Week.

So during Golden Week, the trains fill up quickly, so we’d better hurry and book our tickets.

Y:このfillっていうのって日本人が言うフルフルのfull?

C:Yes I guess, fill up, right? Fill up is like いっぱい.

For example…

Y:日本人のフル回転とかのフルと一緒?

C:フル回転のフルで、そう、100%活動みたいな感じですよね。

Y:そうそうそう、へー。

C:あとはね、例えばよくお酒、日本酒を飲もうと思ったら、たまに、例えば福井県?

黒龍っていう有名な日本酒があるんですよね。

で、その注ぎ方はすごいおもしろい。

皿を置いて、なんか日本の名前がありますよ、日本語で。

皿を置いて、チョコかなんか置いておいて、グラス置いておいて、そして入れる。

Y:溢れる?

C:溢れるまでね。

Y:何だっけあれ。何かそういうのありますよね。

C:言葉ありますね。その注ぎ方がありますね。

Y:忘れちゃった。

C:それが本当にfill up.

Y:あの状態。

C:で、ザーっと、これおいしい、Fill it up again.

Y:へー。Fill it up again.

C:もう一杯って感じね。

Y:そんな感じです。

C:So you can use it for drinking, you can use it for traveling.

Y:OK.

じゃあ今日のfil up、埋まるっていうやつで、旅行、飲み物、何でも使えるのでぜひ使ってみてください。

So see you again soon, bye.