Y:Hi, guys. ゆきです。

C:Hello, Cameronです。

Y:今日はですね、TOEICのPart6、まあPart6、他のPartにも出そうですけども、そんな感じでご紹介していきます。

今日のクローズアップフレーズは外資でもよく使うやつなんですけども、both the pros and the consです。

both the bros and the cons(賛成論と反対論)

これで賛成意見と反対意見の両方っていう意味になります。

よくプロコンって言うじゃないですか、日本語でも。

C:プロコンって言いますね。

Y:プロコンプロコン。あれはthe pros and the consなんですね。

いやー、外資に出るまで知らなかった。

じゃあこれTOEIC的なやつをお願いします。

C:We hope that you will also share any thoughts you have, both the pros and the cons.

(皆さんの考えもそれが賛成論であれ反対論であれ、お聞かせいただけることを期待しています)

Y:あー、長。

C:うん。

Y:TOEICのやつ長いですよね。

皆さんの考えもそれが賛成論であれ反対論であれ、お聞かせいただけることを期待しています、賛成でも反対でも言ってねってことですね。

  1. じゃあこれ使って何かリアル英語だとどんな感じで使えますか?

C:やっぱりね、やりたいことがあればプロコンを考えた方が良いんですよね。

Y:ああー。

C:だからこれをやったらこれがあるんだけども、これもありますよってことだから、この良い面と悪い面の比較したら、じゃあ悪いことが多いから1回止めた方が良いとか、大切だと思うんですよね。

それはもう一般的なことでいえば生活とかのことにも使えますよね。

新しいテレビを買いたい、でかーいテレビを買いたい。

じゃあどれぐらいお金がかかるかと言うと30万40万ぐらいかかる。

で翌月の子供の学費を払えるのか。

買ったら良い映画がたくさん見れるけど、学費が払えないから、pro, con, right?

So it’s always important to look at both the pros and the cons of buying something, 特に、家ですね。

家を買わなきゃいけない人がいる、いやいやいやレンタルの方が良いっていう人もいる。

で家のすごいお金を入れなきゃいけないから、本当にもう小さな投資じゃないですよね。

だから真剣に考えないとダメです。

So it is always better, it is always important to look at both the pros and the cons of buying a home.

買うと思えばね、very important.

Y:a homeなんですね。

C:a house, a home, 両方。

Y:おもしろいですな。たしかに。

結構そういうのできない人多いよね。

どうなのかな、カナダ人とかそういうのいつも考えるとかあるんですか?

プロコンをいつも考えるみたいな。

学校で習ったりするの?

C:学校で習わないよね。

Y:あー、そうなんだ。じゃあ企業文化なのかなあ。

C:だと思いますね。

Y:あんまり日本って、あんまりそこまで考えないところちょっとあるけどね。

C:How about you? Are you a homeowner? Or are you a renter?

Y:A homeowner.

C:OK. I’m a renter.

Y:OK. プロコンは?

C:プロコンは、簡単な1つのプロコンは、引っ越ししようと思ったらrentingは簡単にできる。

Y:そうねー。それ良いですよね。

C:だからrentingのプロは1つできる、だけどコンっていうと、毎月のお金は資産に全くならない。How about homeowner?

Y:安心。でも、うーん、自由がないね、やっぱ。好きなとこ行けないっていう。

C:プロコンですよね。

Y:なんか風水的にはしょっちゅう引っ越した方が良いらしいから本当は引っ越したいんですけど。

C:あとやっぱり引っ越そうと思ったら買ってくれる人がいなかったら引っ越せない。

Y:そうそうそう。それ困るよね。

C:だからthe pros and the cons. The pros and the cons are very important.

Y:そう、常に考えてみましょう。プロコンプロコン。

で、私もさっき忘れちゃったけどtheをつける。the, the..

the pros and the cons.

それだけ忘れないように、ということで今日は以上です。

Thanks for watching this channel and hope I can see you soon again. Bye. 

C:Yes, thanks for coming to the beach. Bye.