今日はTOEICのパート3に役立つフレーズをお届けします。

今日は「一冊予約をする」というフレーズで、日本語で覚えている和製英語とこんがらがると思うのでしっかり覚えてください。


今日のクローズアップフレーズは、"Reserve a copy" です。

このcopyの使い方が独特です。日本語だとcopyってコピー機に行って写したものをコピーした書類という風に言いますが、"a copy"という表現で「一冊、一部」という意味が英語にはあります。

なので本屋さんに行って、自分が買いたい本がなかったときに一冊予約したいというときには、

"a copy"と言うことができます。


応用してみると、

"Could you reserve a copy for me please?"

と本屋さんに言うと、「この一冊を私のために予約しておいてもらえますか?」と言うことができます。


英語圏に行ってわざわざ「本を置いといてください」ということはないと思うんですが、このcopyの言い方をひっかけ問題でリスニングに出てくる可能性があるので、copyは和製英語と違う意味もあるんだなぁということを覚えておいていただければと思います。


記憶の定着のために何回も声に出して言い、書き出し、寝る前にぜひこの動画で私に会いにきてください。