今日もTOEICのPaft5に役立つフレーズをご紹介します。

 

今日はえーとですね、良くありがちなTOEICだと、よく交通とかが混乱するというのが出るので、

そんなのをしっかり抑えられるようなこれだけ抑えておけばOK!なクローズアップフレーズです。

 

今日の応用文は、

”disrupt rail travel”(列車の交通を混乱させる) です。

 

ここでどんな感じかを考えるより応用文に当てはめたほうがわかりやすいと思うので、

早速今日の応用文をご紹介します。

 

”Heavy rain disrupted rail travel in Tokyo and Saitama.”(豪雨によって東京と埼玉の交通が混乱した。)

という風になります。

 

そうですね、交通が混乱するのって天候か人身事故、確認とかですよね。

飛行機の点検とか、電車の点検とか。

そんな中でTOEICというのは、天候の事がメインで出てくるので、今日は”Heavy rain”を入れさせていただきました。

 

”Heavy snow”とか風、雪などでも交通は乱れますし、そんな風に応用できるのと、

今回は電車のトラブルという事で”rail”を使っていますが、飛行機とか高速道路もTOEICに出てくると思いますので、

今日の応用文をそういった形で応用する事もできます。

 

応用をすべて説明すると長くなってしまいますので、それは別の機会にご紹介したいと思います。

それでは今日はとりあえず電車の交通が乱れるときはどんな風に言うのかなというのを抑えていただければと思います。

 

それでは以上です。