今日もTOEICのPart4に役立つフレーズをご紹介します。

 

今日のクローズアップフレーズは、

”due to renovation”(改築のために) です。

 

ポイントは2つあって”due to ”が、「~のために」となります。

何のためかというと、”renovation”が、「改装、改築」を表します。

リノベーションと日本語のカタカナ英語で言いますが、あわせて”due to renovation”(改築のために)となります。

 

それでTOEICでよくあるのは、改築のために何かが中断する、何かができない、何かを変わりにやらなきゃいけない、

というのがよく出ますので、早速応用してみましょう。

 

今日の応用文は、

”Due to renovation, the bookstore will not be open until next January.”

(改築のため、この本屋さんは次の1月まで閉店です。(開きません。)) です。

 

”next January”で、「次の1月」、”until”がついているので、「次の1月まで」という事になります。

日本語だと難しい単語を考えてしまうんですけれど、英語だと日本語と違って中学生でもわかる

単語を沢山組み合わせることで表現していく言語です。

 

なので「閉店」とか考えずに”not to be open”とか、簡単な単語を組み合わせるんだとかスイッチを

変えていくと英語ってやさしくなるので、今日のフレーズが参考になるかなと思います。

 

はい、それでは以上です。