ビジネス英語

【レストランで使える注文表現4フレーズ】 // カジュアルな表現&フォーマルな表現

 

カジュアル&フォーマルな表現の使い分けで、あなたも困ったり迷ったりした事はありませんか? 前回に引き続き、レストランやショップで使えるカジュアル&フォーマルな表現の使い分けを学んでいきます。

Yuki

こんにちはYukiです。今日はレストランやショップでオーダーするときの表現をキャメロンと一緒に学んでいきます。

 

まずは上の図をご覧ください。ここでは状況に応じて、会話が想定される場面をFormal⇔CasualそしてStrong Direct(直接的に言う)⇔Gentle(遠回しに言う)の4つに分類しました。
これを頭に入れながら覚えるとことで、実際の場面でもフレーズが頭にパッと浮かび、相手に失礼のない会話が出来るようになります。

今日はこの表の②日常の英会話で、フォーマルで丁寧、かつ遠回しに伝えたい場合の表現を学んでいきます。

 

日常の英会話で、フォーマルで丁寧、かつ遠回しに伝えたい場合

今日のシチュエーションは、「こんなメニューありますか?」とか「こんなものありますか?」と聞くときの表現です。 普通にDo you have~? (~はありますか?)は多くの場面で使われます。

Cameron

Do you have chiken?(チキンはありますか?)

Cameron

Do you have steak? (ステーキはありますか?)

Cameron

Do you have vegetarian? (ベジタリアン向けの料理はありますか?)

 

「こういう食べ物を探しているんだけどありますか?」と聞く表現

直接聞く表現をもう少しフォーマルで、ジェントルな感じ(会話や相談をしたいときの表現)にしたい場合は、
「こういう食べ物を探しているんだけどありますか?」と聞くと少し柔らかく感じますよね。

no name

I’m looking for vegetarian meals. (私はベジタリアン向けの料理を探しています。)
            ↓
I’m looking for vegan meals. Do you have any? (私はヴィーガン向けの料理を探しています。何かありますか?)

Cameron

I’m looking for vegan meals. (私はヴィーガン向けの料理を探しています。)
            ↓
I’m looking for vegan food or something like that, right? (私はヴィーガン向けの料理か、そのような料理を探しています)

Yuki

ヴィーガンのところをチキンとかに変えてもオッケーですか?

Cameron

もちろんもちろん。あとはシーフードとかね。

特にベジタリアンとかヴィーガンは、その料理がなければ食べるものがなくなってしまうので、この質問はレストランに入る前に聞くといいですね。

 

限定メニューについて聞く表現

Yuki

あとは例えば、あるレストランで有名なメニューがあるんだけれども、それが残っているかどうか聞きたい時はどうしたらいいですか?

期間限定品、1日限定何食など、残っているかどうかわからないような時、注文できるか確認したいときの表現は still on the menu? (まだメニューにありますか?) を使います。

Cameron

Are the escargot still on the menu? (エスカルゴはまだメニューにありますか?)

Yuki

そう聞くと、注文していいかどうかわかるってことですね。

もちろん、直接聞く方法もあります。
Do you still have escargot? (まだエスカルゴはありますか?)
Can I still order the escargot? (なだエスカルゴを注文することはできますか?)

直接も聞けますが、もっとフォーマルで丁寧にしたいときは、
Are the escargot still on the menu?(エスカルゴはまだメニューにありますか?)
を使うと、より上品な表現になります。

 

番外編

Yuki

ここからは番外編ですが、それよりももっと上を行った丁寧な表現はありますか?

Cameron

Would it be too much to trouble you for? Another cup of coffee (このことをお願いしてしまうと、あなたに面倒をかけ過ぎてしまいますか?)(コーヒーをもう一杯)

最上級に丁寧ですね。お客さんと店員が対等な関係になります。
とても雰囲気の良いお店などで使いたい表現ですね。
結婚の挨拶に行ってお茶を出していただいた時などにも使えます。

番外編でしたが、もっと丁寧な表現が使いたい時は、ぜひ覚えてみてください。

 

まとめ

今回ご紹介した日常で使える英会話は、レストランやショップで会話をしたいときに使える表現でした。 ぜひいつもの表現にプラスして、会話を楽しんでみてください。

■フォーマルで遠回しに聞く表現
・I’m looking for vegan meals. Do you have any? (私はヴィーガン向けの料理を探しています。何かありますか?)

・I’m looking for vegan food or something like that, right? (私はヴィーガン向けの料理か、そのような料理を探しています)       ↓

・still on the menu? (まだメニューにありますか?)
・Are the escargot still on the menu? (エスカルゴはまだメニューにありますか?)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA