今日もTOEICに役立つフレーズをご紹介します。

今日のフレーズは単語がいくつかあって、ハイフンで繋がれている大変なやつなのですが、

頑張って勉強しましょう!


今日は「先着順」を英語で言いたいのですが、これだけおさえていればOKな
クローズアップフレーズは、"a first-come-first-served basis" = 先着順 です。

分解すると、最初に来た人が最初にサーブされる という意味になります。

basis はそのベースでという意味で、全部で「先着順」となります。


それでは、これを使って応用してみましょう。

"Tickets are sold on a first-come-first-served basis."

「チケットは先着順です」


レストランに行ったら耳にすることがあると思います。

日本のファミレスみたいに名前を書いて順番を待つというのはないので、従業員の方に名前を
言って
待ってたりしないといけないのでコミュニケーションが結構複雑です。

その時のやりとりで「先着順だから」という感じでこのフレーズを言われたりします。

その時に「へ?」とならない様今日覚えてしまってください。