今日もTOEICのpart2に役立つフレーズをご紹介していきます。

えーっとですね、今日の感じってどんなんかって言うと…

何かあの~会社とかでも結構、講習っていうかトレーニングみたいなのあると思うんですよ。
もうスッゴイ日々忙しいのになんかガッツリ午後とかこうスケジュール押さえられて、何だろうって思って会議室に行くと

年に一回の何とかトレーニングです とか ○○ランクの人は絶対受けなきゃいけない

とかそういうのがあると思うんですけども、そういうのは仕事と違くってあんまり事前準備とかして行かないと思うんですよね。で、行って何か配られて、

え、これどーするの?

みたいな感じになると思うんですが、そんな状態を表すクローズアップフレーズと応用文をご紹介します。

では最初にこれだけ押さえていればOKなクローズアップフレーズは

“be supposed to~”
(~することになっている)

恐らく前にも紹介したと思うんですが、メッチャ大事なので何度でもご紹介しようと思います。

ではこれを使って、前とは違う応用文をご紹介します。今日の応用文は

“What are we supposed to do with these notebooks?”
(このノートブックで私達どうしたらいいの?)

という風に聞いている意味になります。つまり何かこうさっき言ったように、レクチャーとかで呼ばれ

バーッて配られてノートぱって渡されたんだけどこれでどうしたらいいの?

って聞きたい時に今日の応用文が使える感じになってます。
はい、こんな感じなのでえーとそうですねTOEICのpart2だと、こういう音声が流れて答えを選ぶみたいな感じですので

What are we supposed to ~~~ っていうのはもう 

どうしたらいいの?

をもうsupposed to を聞いた時点で判断できると思うので、他の所が何か良くわかんなくても恐らく答え3つの中からちゃんと選べるという風に思います。

be supposed to しっかり聞き取れるように頑張ってください。

それでは以上です。