夏なので今日は浴衣を着てみたのですけれども、和服ってかなり締め付けるので喋るのが苦しいので早く終わらせたいなと思います。

 

それでは今日はTOEICには関係ないけれども、夏に関連して日本人だったらやっぱり英語でしっかり説明したいなというものを中心にご紹介していきます。

 

今日は縁日について英語で言えるようになりたいと思います。

縁日ってすごく楽しいですよね?夏祭りみたいなの。

それを言えるようになるために、これだけ押さえておけばOKなクローズアップフレーズというか単語ですが、

 

Fairs featured ~

 

です。

これで「お祭りが~を出す、出店している」という意味になります。

よく「featuring」って言いますけれども「連携する」みたいな感じですかね。

何かがあって、何かを呼んで一緒にやるというのが「feature」なので、それを縁日に結び付けてご紹介します。

まず「縁日」というのを日本語で言ったらいいかなと思うのですけれども、

 

Ennichi means fairs, feature shops with nostalgic foods, and toys and games.

 

という風に言うことができます。

これで、縁日を日本語で言って英語で言うとfairs お祭りなので、縁日っていうfairはfeatureしている。

どんなものかというと、shops with nostalgic foods すごく懐かしい感じの食べ物を出店している、他にはtoys and games とかですね。おもちゃとかゲームとか、nostalgicなそういうものを出店しているお店がいっぱいあるよという風に言っています。

これはですね、nostalgic がポイントですかね。

ノスタルジックって日本語でもそのままけれども、縁日ってそういう懐かしい感じの空間にいて、しかも神社の前なので、タイムスリップする感じがいいじゃないですか。

そういうのがこの英文だと日本語文化が分からないネイティブにもしっかり伝わるのではないかなと思います。

それでは今日のフレーズと応用文をぜひ覚えて、ネイティブの方に日本の文化を説明していただければと思います。

それでは以上です。