今日もTOEICに役立つフレーズをご紹介していきます。

今日は「~の前に」っていうのを英語で言えるようになりたいんですが

これだけ押えていればOKなクローズアップフレーズは

"prior to~" 
(~の前に) 

ではこれを使ってどんな風に言えるのか応用文で確認してみましょう。

"Prior to delivering his speech,John Watkins rehearsed it several times."
(スピーチをする前にジョン・ワトキンスさんは何回もリハーサルをした)

日本語でも「リハーサル」っていう風に言いますけども、英語でも"rehearse"って言いう風に動詞で使っています。それがポイントかなという風に思います。

今回は人名をちょっと難しめにしてみました。
前回の時全部ジョン・スミスにしてフレーズが何か似たり寄ったりになっちゃったんで、実際にいそうな名前にさせてもらったんで、人名にも馴染んでください。

そう言えばこの間TOEIC受けた時に、あの~何かこうリスニングじゃなくてリーディングの方だったんですけど、登場人物が全部アラブ系の人だったんでスッゴイ苦労したんですね。

結構ジョンさんとかワトキンスさんとかだと、まだ西洋文化なんで馴染みがあるんですけど、本当にアラブ系とかインド人の名前とかって全然わかんないので、これからTOEICはそういうのが勝負になってくるのかなと思ったりしてます。

それでは今日は以上です。