shutterstock_139500188


さて、昨日は久しぶりに遠出?して遊んできました。
本当に久しぶりだったので、いい息抜きになりました。

やっぱり30過ぎると昔ほど誕生日って特別じゃなくなりますよね。
途中で誕生日なことをすっかり忘れちゃいました。

そして昨日はYLSに日報を返したらバタンキュー。
本メルマガが遅れてしまいました、すいません(><)。

さて、昨日はバタンキューする前にYahoo!で面白い記事みました。

テツandトモの“地方営業の戦略”がスゴすぎる「毎日新ネタをやっているようなもの」

と言う記事なんですが、地方営業で引っ張りだこのテツandトモの
成功の秘訣について書かれていて、ものすごく納得なんですよ。

すごく英会話にも役立つので、ちょっとお付き合いください。

トモ:ステージを披露する企業さんの中で知っていること、
地方の自治体でしたらその場所の名産をネタに入れたりします。

いまイチオシの商品だったり、社員のみなさんがモットーとしていることなどを
事前に楽屋でヒアリングするんです。毎年社員全員で社員旅行に出かける企業さんでしたら、
社員旅行のエピソードなんかを入れるわけですね。そうすると「なんで知ってんの!?」と盛り上がるわけです。

このカスタマイズが受けるんですよね。

今YLS6期がプレゼンの期間に入ったので
これすごく参考にして欲しいなと思うんですが、

人って身近なエピソードに萌えるんですよね。
話してでも聴く側でも両方です。

地元トークとか、同じ趣味の人が話しで盛り上がるのも
お互いにとって近いものを共有できるからですよね。

プレゼンで人々を魅了しているTEDだって
人気のプレゼンはやはりこういうところがうまいんです。

例えば自分の出身地のプレゼンをするのであれば、

・ ここでこんなほろ苦い恋のエピソードがあった
・ ここでものすごい親子ゲンカした
・ 悲しいことがあると必ずここでぼーっとしました

そういうのを入れるようにしています。

なぜならとても身近だし、誰にも似たような経験があるので
勝手にそれを思い出して共鳴するからです。

で、これはプレゼンだけでなく英会話にも使えます。

誰かと話す時、(失礼にならない範囲で)身近な話題になるように質問します。

・ あなたの会社に行くにはどんな電車を使うの?
・ 会社で一番ランチが美味しいのはどこ?
・ あなたの上司の評判ってどうなの?

こんな感じです。人は自分の身近なことを話し始めると
熱が入ってきて仲良くなれるものなんですよね。

ぜひお試しください。

なお、参考のテツandトモの記事はこちらです。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160605-01124993-sspa-soci

追伸:
昨日送れなかった写真、後でLINE@に送りますね!

追追伸:
次の誕生日を迎えるまでに、人間としてステージ2-3つくらいあげたいですねー。