今日もTOEICに役だちつつ日常英会話にも使えそうなフレーズ。

特に旅行のとき飛行機のチェックインに使えそうな感じのやつをご紹介します。

 

今日は楽しい旅行とは言っても、結構お金のことはシビアにならなきゃいけないじゃないですか。

やはり無駄なお金は使いたくないし。

 

逆になんか日本人向けっていって単価が高くなっちゃうこともあったりなかったり。

 

あと言葉が通じないことで余計なお金を払ったり、

払い損ねたがためにサービスを受けられなかったりいろいろあります。

 

なのでお金関係は結構しっかり押さえたほうがいいかなーという風に思ってるんですが、

今日はそれにつかえそうフレーズをご紹介します。

 

今日のフレーズは、"a $○○ charge"です。これで「○○ドルの請求」という意味になります。

 

○○といったところが20、30になるんですが、なんだそれって感じだと思うので応用文でご紹介します。

 

今日の応用文は、

"There is a $20 charge for each item of luggage."です。

 

これで「荷物ひとつにつき、20ドル請求が来ます。」という意味になります。

"a $20 charge"なんですけど、これを"There is”を受ける形で使っているのがまずポイント。

 

あと"for each item of luggage."「~についての○○$請求か」というのが"for"でつなげるんですね。

"luggage"っていうのは「荷物」ですよね。"luggage,baggage claim"って言いますよね、飛行機とかでも。

 

”luggage"の"each","each"「一つ」、「一つ」について$20の請求、

それを運んでもらうのか何なのかわからないですけど、お金がかかるよっていうことですね。

$20って言ったら、\2000とか結構な額ですよね。

 

飛行機かな~。

飛行機ひとり一個以上預けられないからそれの金額なのかもしれないですね。そんな感じです。

 

えーと、多分これあんまりなじみのない言い方だと思います。

単語自体簡単だけどなじみがない、使いづらい、使いづらいってことはとっさのときに出ない。

非常にもったいないので反射神経レベルに行くまで是非繰り返しやって覚えてください。

 

それでは以上です。