今日はTOEICではなく

天気の話題をしっかり頭に入れて

まだそんなに関係性がないネイティブとも

しっかり話せるようになる企画の第8弾です。

今日は私はこんなに薄着ですが

雪について語りたいと思います。

「雪が降った」ってすぐに思い浮かぶと思うんですが

それだと中学生英語ですよね。

中学生英語を脱するのは

情報をいっぱい入れていかなきゃならないんですね。

雪っていうと一番気になるのが積雪量だと思うので

今日はそこをしっかり表現できるように

なっていただきたいなと思っています。

今日のフレーズは

"three inches of snow"
(3インチの積雪)

です。

この間の気温じゃないですけど

アメリカのインチとフィートの変換がスゴイ不得意で

もう私はもう変換しない!って決めてます。

ちょっと3インチが何センチなのかわからないですけど

これはこれでセンチに置き換えることもできます。

例えば

three centimeters of snowっていえば

3センチの積雪といえますので

そこはあまり恐れず

ご自身の尺度に変えていただければなと思います。

では応用文いってみましょう。

"Three inches of snow are forecast for today."
3インチの積雪が今日は予想されている

です。

これ結構いいですよね。

ただ雪が降っただけでなく

どれぐらい降ったかって言えるっていうのは

応用編としてはいいと思います。

是非今日のフレーズ、応用文をしっかり覚えて

ネイティブとのネイティブっぽい会話を

ぜひお楽しみください。

それでは、以上です。