今日もビジネスヒヤリハット、日本人がやっちゃう!というやつを潰していくんですけれども、今日も言い方によっては相手の感情を逆なでする場合もあるので、気をつけましょう、という内容です。

私がいた外資の業界は穏やかな人が多いですけど、例えば生き馬の目を抜くような世界の人たちだと、結構これでポーンと撥ね付けられてりする可能性があるんじゃないかと、そういう話を知り合いからちらほら聞くので、本当に注意して欲しいんですが、本当に日本人はよくやってしまうので、気をつけたいところです。

気をつけたい、気をつけたい …何をだ、早く言え!という感じだと思うので、早速行きます。

例えば、一生懸命説明している(自分が)時に、ネイティブスピーカーの反応がイマイチな時ってあると思います。

あれ?、ん??

みたいな。

で、それは自分の説明が悪いのか、相手が理解できていないのか、もっと説明が必要なのか、いろいろオプションがある時に、本当に理解度を確認したいという意味で、

「今、お話ついてきてます?」「今のところお話わかってくれていますか?」

というのを英語で聞く場合に、日本人って

「理解してますか?」→「Do you understand?」

と聞いてしまうんですね。

X:Do you understand?

っていうのは、上からものをいう感じ、

「あなた、わかってんの!?」

つまり、仲の良い友達だったらいいんですけれど、ビジネスシーンでは不適切です。

では、ビジネスシーンで丁寧に今説明している内容を

「おわかり頂いていますでしょうか?」

というニュアンスで聞く場合は、

◯:Do you know what I mean?

というように聞く必要があります。

「Do you know」=「知っていますか」

「what I mean」=「私がお伝えしたいこと」

という意味になります。

X:Do you understand?

◯:Do you know what I mean?

全然違いますので、しっかりと覚えてください。

「Do you understand?」はドラマなどでたくさん出てくるとは思いますし、典型的な英会話レッスンなどで出てきそうなイメージですり込まれているじゃないですか。

でも実際のビジネスシーンではほとんど使わないと思って話してもらった方が正しいと思います。

例えば同僚などと仲良くなって、「Do you understand?」と言ったら、「ホント、わかってる?」って聞けるのはアリだと思うんですが、まぁ普通はあまり使わない方が無難かな、と思うので、空気を読めない場合は、

◯:Do you know what I mean?

を使ってみてください。

それでは以上です。