このコーナーでは、TOEICのハイスコアだけでなく、日本人ビジネスパーソンがやりがちなヒヤリハットを順番に潰していく、という企画です。

今日はですね、これも微妙な単語の違いですが、日本人が勘違いしがちなやつです。

なぜ勘違いしてしまうかというと、どちらかの単語を単語帳などで調べた時に、同じような意味ということで単語の意味が載っていて、あたかも同じ意味です、というふうにまとめられてしまって、それをそのまま覚えている方が多いからです。

話が長くてわかりづらいですよね。

具体的に言って説明します。

例えば、あるビジネスパーソンがある会社の方にアポをとって会いに行く、企画を説明しに行って提案したり、商談したり、最後のツメをしたり、いろいろ用事はあると思いますが、ある会社の人や、ビジネスパーソンに会いに行く場合の

「アポをとる」「予約をとる」

の正しい使い方です。日本人が間違えがちなのが、

X:reservation

という単語を使ってしまうことです。

「予約をとる」「アポイントをとる」ということで、

"reserve" =「予約をとる」の名詞形 "reservation"が出てきて、それをそのまま使ってしまうケースが見られますが、

ビジネスシーンで人と会う時に正しく使う場合は、例えば、

「予約をとりたいのですが」「アポをとりたいのですが」という場合は

◯:I would like to make an appointment at 3 pm.

というふうに

◯:make an appointment

を使います。

ここを

X:make a reservation

としてしまうと、"reservation"というのは「レストラン」とか「観劇」とか、「感激」じゃなくて、劇を見に行く「観劇」のですね、とか、「飛行機」とか、そういう時に使うのが"reservation"で、

誰かに会いに行って、何かをやるという場合は"appointment"を使うべきです。

同じ意味でいうと、例えば「お医者さんに会いに行く」「歯医者さんに行く」「弁護士に会いに行く」全部これも"appointment"を使います。

日本語でいう「アポをとる」というやつです。

日本語の教科書とか、単語帳だと"appointment"、"reservation"、"book"ってほとんど同じように載っているんですけれども、微妙に使い分けが違います。

今回は"appointment"と"reservation"について解説しましたが、"reservation"はどちらかというと「旅行に使うんだ」とくくって覚えてしまうと楽かな?と思いますので、ぜひ、「誰かと商談する」時、「お医者さんに会う」時は"appointment"を使うようにお願いします。

それでは以上です。