「座って下さい」

 

TOEICだけでなく、ビジネスシーンで日本人がやりがちなヒヤリハットを順番にご紹介しています。

 

今、撮影が夏なんですけど結構暑くてですね、冷えたビールが凄くおいしい感じなんですけど、

冷えたビールを楽しいっていうのは日本人だけらしくて、

結構海外旅行とか行くとぬるいビールが出てきてみんな普通に飲んでて、へー、、みたいな感じがするんです。

 

それは置いといて、ネイティブの方が来てレストランとか会議とかで、こちらが迎える側だった時に、

向こうも礼儀があるので「座ってください」って言われるのを待っているときがあります。

 

そんなときに長く立たせていては失礼なので、「是非お座りください。」っていう風に

言わなければいけないという風に思うんですが、その時にちょっと注意することがあります。

 

日本人の場合って”Please sit down."っていう風に言うことが非常に多いと思うんですね。

これでもOKはOKなんですけど、あの日本人てもともと初対面ってぶっきらぼうじゃないですか。

 

初対面もそうだし、何回かあったとしても結構ぶっきらぼう。

 

ビジネスとのときもプライベートのときも結構淡々としているんですよね。

 

ネイティブスピーカーの人たちって言うのは、もっと「よく来たね!」見たいな

暖かい空気を出すことが多いです。

 

そのトーンの違いからすると”Please sit down."っていうのは、「そこに座りなさい!」っていう

感じに取られかねないんですね。

 

”Plese sit down”って言うときは、柔らかく、是非お座りくださいっていう風に、

ゆっくり丁寧に言わなければいけないらしいです。

 

もしそれが感情表現的に難しいかもっていうときには、”Please have a seat.”(○)

”Please have a seat.”というほうが非常に丁寧で誤解されることも少ないと思うのでお勧めです。

 

いろんなネイティブに聞いてみたんですけどあんまり感情を入れられないんだったら、

”Please have a seat.”といったほうが無難だといろんなネイティブが言っていましたし、

私もそう思いますし、非常にお勧めです。

 

もしどうしても”Please sit down.”が出てきた場合は、優しく丁寧に言ってあげてください。

 

それでは以上です。


32 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ