https://www.youtube.com/watch?v=VPl0–MJeYc
今日は

ネイティブと仲良くないうちに

無難な天気の話題で盛り上がる企画の第6弾です。

それでは今日は

すごく素敵な日と表現するフレーズについて

語りたいなと思います。

今日のフレーズは

”gorgeous sunny day"
(すごく晴れた日)

です。

ゴージャスって日本語だと

きらびやかで派手派手で近寄りがたいみたいなイメージ

だと思うのですが

英語だとgorgeousは素敵な

というのにも使います。

それでは応用文です。

"It's a gorgeous sunny day at a comfortable 72 degrees."
とても晴れた素敵な日で過ごしやすい72度だ
です。

この72度なんですが

アメリカで使ってるのは華氏

日本では摂氏

なのでちょっと違いますよね。

変換の仕方ってすごく複雑なんですよね。

すごくめんどくさくて

海外旅行でアメリカいって天気予報みても

結局明日何着ればいいんだろうって分からなくて。

なのですごく大雑把な変換式だけは

頭に入れるといいかなと思います。

アメリカで使ってる華氏から30を引いて2で割ると

何となく摂氏になるらしいです。

でもそれはせいぜい、水が沸騰する前くらいの温度でしか使えず

それ以上になると

この式も怪しくなってくるんですが

まあ明日何着るか判断するには

この式でも問題ないかなと思います。

なのでこの文では72から30引いて2で割ると21度くらい

本当に心地いい感じですよね。

そんなイメージでいいと思います。

摂氏と華氏、結構めんどくさいんですけど

この変換式を頭に入れて

ネイティブとネイティブっぽい会話をお楽しみください。

それでは、以上です。