TOEICのハイスコアだけでなく、TOEICで覚えた英語を実際にビジネスで使う時に、日本人が陥りがちなヒヤリハットを順番にご紹介していきます。

今日のやつは私も確かに気をつけなければと思うところがあるんですが、単語のちょっとした使い方でニュアンスが違う例です。

例えば、外国(から)のお客様、もしくは外国人の同僚と何か雑談している時に、「日本には夏はいっぱい観光客が来るんだよね」みたいな話をするとします。

この時に、普通のネイティブの自然な英語を使う場合には、

◯:Many visitors come to Japan.

というふうに言うのが普通です。

だけれど日本人て、いろいろな観光客、つまり、「お客さんが来る」っていうふうに考えると、"guest"という単語が思い浮かんでしまって、

X:Many guests come to Japan.

っていうふうに言ってしまうことがあります。

おそらくこれでも意味は通じると思いますが、"visitor"と"guest"は結構ニュアンスが違います。

visitor:来る人、訪問客、観光客、(自分が)ここにいたら(相手が)バンバン来る

そんなイメージなんですが、

guest:自分が招いたお客様

のことを指します。

なので、観光客や、お店にお客様が来ること、場所に人が集まることは、必ず"visitor"を使うようにしましょう。

ちょっとしたニュアンスで通じるかもしれないんですが、こういう細部にこだわることで、より知的な会話になるといいなぁ、と思います。

それでは以上です。