今日は、スタバ(スターバックス)などに行って、スマートに注文したいんですけど、スタバに行って、今はお茶お飲みたいんだけれど、ホテルに帰った時に、ちょっと食べるものが必要、だから、飲み物はここで飲むけれど、食べ物は持って帰りたい、という時の注文の表現をしっかり覚えましょう。

これ、結構かっこよくないですか?スマートに言えたら。では、早速行きたいんですけど。

では、設定としては、

「カプチーノはここで飲みます。ブルーベリーのスコーンは持ち帰ります。」

という設定にしますね。この場合には、

"Cappuccino for here and Blueberry Scone to go, please."

というふうに言うことができます。

簡単ですよね。品物を言ってここで食べる場合は、"for here"です。

で、もう一つ品物を言って、持ち帰る場合は"to go"を付けるだけです。

なので、もう一度言うと、

"Captino for here and Blueberry Scone to go, "で、最後に"please."を付けると丁寧に収まる、という感じです。

他のものでもやってみましょうか。

"Vanilla Frappuccino for here and Hot Sandwiches to go, please."

みたいな感じですね。

そうすると、「バニラフラペチーノはここで飲むけれど、ホットサンドウィッチは持って帰ります。」

みたいな感じになります。

そうすると、ホットサンドとか、作るのに時間がかかるじゃないですか。飲み物だけを先にもらって飲んでいて、飲み終わった頃に出来上がって持ち帰る、というスマートな旅もできますので、ぜひ、このフレーズはめっちゃ重宝すると思うので、覚えて使ってみてください。

なんか、ネイティブっぽくてかっこいいですよね?

で、人間て、所属欲求というのがあるんですよ。日本を出るときって、言いたいことが通じればいいや、とみんな軽く言うんですけれど、実際に行って通じないと、その社会に自分が溶け込めないような気がして孤立感を感じて、旅がつまらなくなってしまうんですね。

でも、通じて会話ができるようになると、そのコミュニティー、その地域に溶け込んでいる感がするじゃないですか。そうすると、所属欲求が満たされて、その旅自体の満足度が上がるんですね。

なので、今日みたいなフレーズがスラッと言えて、その通りに店員さんが対応してくれるというのは、すごく旅を楽しくするかどうかを左右しますので、本当にちゃんと覚えて、ぜひ使ってみてください。

それでは以上です。