今日は、海外出張や旅行に行った時にスタバ(スターバックス)でかっこよく注文して旅のいい思い出にしようという企画で、フレーズは全てネイティブに、リアルにどういうのを使っているの?と聞いて引き出してきたものです。

今日は、これ、私が一番重宝すると思うんですけど、私、必ず海外に家族旅行で行った時、私が英語をやっているから、注文とかを私がするわけですよ。そうすると、後ろで私の家族が、いろいろ言うんですけれど、最初、「yukiちゃん、フラペチーノでいい」と言っているのに、一生懸命注文していると、後ろで「yukiちゃん、やっぱりラテのがいい!」って後ろでワーワー言うわけですよ。

なぜかというと、ちょっと日本とメニューが違うんですよ。

だから、いつも日本で頼んでいるものと同じでいいや、と最初言っているのに、メニュー表に見たことのないものが出ていると、「(やっぱり)これがいい!」とかって言うわけですよ。

で、それを一回オーダーして、(店員の)お姉さんが(注文を)打ち込んでいるやつを「ごめん、変えて」という時のフレーズをご紹介します。

長いです。前振りが。(笑)

で、結構簡単なので、構造だけまず覚えましょう。

注文を変える時は、「すでにAをオーダーしていて、Bに変えたい時」をやります。

"Can I change my order from A to B ?"

ですね。これが基本構造です。

で、じゃあこれを、スタバ風にするために、「ショートエスプレッソ」から「トールホットティー」に変えようという場合は、

"Can I change my order from a Short Espresso to a Tall Hot Tea?"

ですね。

これをしっかり早く言うと、

"Can I change my order from a Short Espresso to a Tall Hot Tea?"

と言うことができます。これで、

「ショートのエスプレッソ」から「トールサイズのホットティー」変えてもいいですか?

と言うふうに聞いています。

まぁ、そうすると(店員の)お姉さんは「OK! OK!」と言って変えてくれると思います。

でも、向こう(海外)の人たちがイライラするのって、何かよくわからないけれど、ガーガーとやっているとイライラすると思うんですよね。しっかりと伝える分には変更は全然OKですよ。

例えば、アメリカって、返品とか全然OKじゃないですか。日本だとすごく面倒くさいけれど、昨日ごっそり買って、家に帰って気に入らないと言ったら、レシートと一緒に持って行ったら返品できるのがアメリカ文化なので、「変える」こと全然OKなんですよ。

日本人て、「変えること」に躊躇というか、申し訳なささを感じるんですけれど、申し訳なささを感じるべきことは「変えること」ではなくて、しっかりと伝えないことなので、今日のフレーズをしっかり覚えて、何回も練習をして、

"Can I change my order from … to … …"

って、覚えていただいて、しっかりそれをバッと伝えるようにしていただければと思います。

それでは以上です。