今日もTOEICだけでなく、海外旅行や出張に行った時に、スタバ(スターバックス)などなどで、かっこよく注文したり、店員さんとしゃべったりするための英語、ネイティブから聞き出したものをご紹介します。

今日は、例えば、スタバに行ったら長蛇の列でメニューを渡されたんだけれど、自分はフラペチーノを飲みたいのに、(渡された)そのメニューにフラペチーノが入っていなかった、みたいな時に、「(フラペチーノが入っている)メニューを見せて」と言うためのフレーズです。

日本て、どんなレベルの飲食店でもしっかりしていて、(あまり伝えなくてもしっかりしたものが)出てくるんですけれども、スタバって若干ファストフードに毛が生えたみたいな感じなので、フレンドリーではあるんですけれど、必ずしも全てが(伝えなくても/言わなくても)しっかりしているわけではないかな?という印象なんですね。

なので、「メニューちょうだい」と言って(持ってきて)くれても、何か足りなかったら、聞かないともらえないです。言わないと達成できないのが日本以外の文化なので、しっかり言っていきましょう。で、

「フラペチーノのメニューを見せてください。」ですが、超簡単です。

"Can I see the Frappuccino menu, please?"

です。これで

「フラペチーノのメニューを見せてもらえますか?」

になります。

"Can I see the Frappuccino menu, please?"

まぁ、ポイントとして強いて言うと、"Frappuccino"って、"R"なんですね、「ラ」が。

日本語だと、「フラペチーノ」って言っちゃうんですけれど、

英語だと、"Frappuccino"です。

"Frappuccino" (Rに注意)

なので、そこだけご注意ください。

それでは、しっかり発音も整え、アメリカで足りないメニューを確認してみましょう。