今日も海外出張や旅行に行った時にスタバ(スターバックス)で、すっごくスマートに店員さんと会話をして注文をするためのフレーズをご紹介します。

今日は、「ホイップを減らしてもらえますか?」みたいな感じですね。

まぁ、過剰にホイップクリームを入れられた印象はないいんですけれど。

昔はアメリカの食べ物って、ホイップクリームをスプレーみたいなのでガーッと(かける)ような感じだったんですけれど、今、日本人もスタバのフラペチーノなどのホイップクリームがたくさんのったものを飲んでいるので、だいぶ抵抗力がついたんじゃないかな。免疫ついたんじゃないかな、と思っていて、このフレーズが本当に使われるかはわからないんですが、ぜひお願いします(覚えて使ってね)。

「ホイップクリーム減らしてもらえますか?」

英語で言うと、

"Could I have less whipped cream?"

と言うことができます。

ポイントは"less"ですね。"less"で、「より少ない」という意味なので、

"Could I have less whipped cream?"

と言うだけで"whipped cream"、「ホイップクリーム」じゃなくて、"whipped cream"ですね、「を減らしてもらえますか?」と言う意味になります。

"less"は置いておいて、"whipped cream"って、「ホイップクリーム」という日本語になっちゃうじゃないですか。これは以下の法則と同じです。

日本語で「アイスコーヒー」「アイスティー」と言うじゃないですか。これ、

英語だと、"Iced tea"、"Iced coffee"になるんですね。

つまり、「動詞の過去分詞形による形容詞的用法」ってやつですね。文法用語で言う。

なので、「ホイップ」も"whipped"という過去分詞形で使うのが正しいので、それだけ覚えておいてください。

"whipped cream"も、"iced coffee"も、"Iced tea"も昔は日本人的に「アイスコーヒー」「アイスティー」というと通じなかったんですが、日本人の懸命な努力の賜物かわからないですけれど、アメリカ人もアイスコーヒーを飲むようになったんですよ。昔はなかったみたいなんですけど。

なので、今は「アイスコーヒー」でも通じるみたいです。

私もアメリカに行って、「アイスコーヒ(ください)」って言っても出てくるので、昔ほど神経質になる必要はないかな、と思うんですが、こういう文法的用法もあるよ、ということでご紹介でした。

それでは以上です。