今日も海外出張や旅行に行った時にスタバで(スターバックス)でカッコよく注文したり、店員さんと喋るためのフレーズをネイティブから聞き出したので、ご紹介します。

アメリカとか行くと、とにかく飲み物が甘いかな、というのを皆さん印象として持たれると思います。

私も、アメリカに行って、緑茶に砂糖が入っている、はちみつが入っている、それもですね、砂糖じゃなくて、ちょとヘルシーにはちみつにしてあげたよ、みたいなのを見た時には、はらわたが煮えくり返るくらい頭にきたんですけれども。緑茶に砂糖入れるか!みたいな感じありますよね。

とにかく砂糖漬けなんですね。なので、日本人で、本物の味が好きな方は、砂糖は減らしてっていうと調子がいいのかな、って感じがするんですね。

なので、「砂糖を半分にしてください。」っていうのを英語で言うフレーズです。フレーズというか表現です。

"Could I have just half the sugar?"

これで、「砂糖を半分にしてもらえませんか?」です。

砂糖だけじゃなくて、冷たい飲み物だと、「シロップ」になりますよね。

スタバで、ずーっと見てるとわかるんですけれど、プラスティックの容器をお姉さんが出してきて、最初シロップを入れて、その後にいろいろなものを入れて混ぜていますよね。

シロップは甘いんですよ、そもそも。なので、「シロップを半分にしてください。」の場合は、"sugar"のところを"syrup"にするだけなので、

"Could I have just half the syrup?, please."

みたいな感じで言ってみてください。

"syrup"ですね。"S""Y""R""U""P"、しっかり「R」をう〜っとやっていただいた方が通じると思うので、ぜひやってみてください。

それでは、アメリカ旅行に行って、砂糖漬けにならないように今日のフレーズ、ぜひ覚えて使ってみてください。