今日も日本人ビジネスパーソンがやりがちなヒヤリハットを潰していく企画を、

続々と言っているわけですけれども、今日は簡単そうに見えて結構墓穴を掘る。

特に相手が女性だとこれは嫌われるかもしれないという内容をご紹介します。

 

例えばビジネスシーンで相手の服をほめたりするっていうのは一般的にご法度なので、

あまりしないことです。

ただある程度仲良くなってきて、例えば外国からいらっしゃったお客様が

あなたのセミナーで話しをするとかそういう表舞台に送り出すときとかって、

相手もばっちりとスーツとかを着てきたりするとか思うんですね。

 

そんなときに素敵ですねっていうのは、ビジネスシーンだとしてもぎりぎりOKなんじゃないかと。

 

そんなときに日本人がやってしまって、しかも墓穴を掘りがちなまずいのがあるんですよ。

”You look fine.”(×)って言っちゃうんです。日本人って。

 

なんでかっていうと、一番最初に習う英会話で、

”How are you today?”と聞かれたら、”I'm fine.”と返すというじゃないですか。

なんか”fine”っていう栄養ドリンクみたいなのありますよね。

だから日本人って”fine”っていう単語に対して非常にいい意味を持っているんですよ。

”fine”っていうのはとてもいいことだと。

だけど”I'm fine thank you.”っていうときは、「まーまー、元気ですよ」って言っているんだけれども。

”fine”っていうのを普通使うときには、「まー、可でもなく不可でもなく」とか「まったく問題ないよ」

っていうときに”fine”を使うんですね。

 

例えば「私ちょっと太ったかな?」って聞いたら、「全然、大丈夫だよ。(太ってない、太ってない)」(You look fine!)と。

「やせてるよ!」とは言っていないですよね?「太っていない」とは言っていますけど。

このような感覚で使うのが”fine”なんですよ。

 

「だからあなた今、とっても素敵ですね。あなたこれから頑張って壇上でしゃべってくださいね。」

という意味で、”You look fine!”って言ったら、「まーまーですよ。」って言ってるみたいなもので、

あまりよろしくないと。

 

なのでそういう時はちゃんと”You are great/amazing.”(○)という風に”great/amazing”という単語を

使うようにして頂いて、くれぐれも”fine”は使わないように。

 

日本人は”fine”に対してポジティブなイメージを持ちすぎなので、

そこはご留意頂ければという風に思います。

 

それでは以上です。