今日も一生懸命TOEICをですね日々ビジネス英会話のために覚えてきたと思うんですけども、

それだけでは防ぎきれないヒヤリハットがぽろぽろありますので、レッスンをしていこうという

この企画です。

 

今日のやつもですね、致命的なことにはならないんですが、

ちょっとニュアンスが違くて、場合によってはちょっと断りが足りないんじゃない?

と思われる可能性があるので、抑えて頂ければという風に思います。

 

例えばですね、外国のお客様、外国のVisitorがいたとして次会議室にお連れしますと。

次会食にお連れします、次○○にお連れします、次会議やりましょうとか。

いろいろな約束を取り付けていたにも関わらず、あなたが何か他をやらなくてはいけなくて、

ちょっとお待ちいただく場合があると思います。

 

そういう場合に使う英語。

例えば納期がいついつまでと決まっていて、少し伸ばしてもらって2,3日たったときに、

「待っていただいてありがとうございます。」というような場合の、

「ありがとうございます。」は違うんですね。

 

日本語だと一つになってしまうんですが。

どう違うかというと「ちょっと待って。トイレ言ってくるから」と待ってもらって、

「ありがとう」という場合は、”Thank you for waiting”(×)という風に言います。

日本人ってこれが一番頭に入っていると思うんですよ。

 

駅のアナウンスとかでも、飛行機の機内でも”Thank you for waiting.”って聞くことが非常に多いので、

多分日本人はこれが入っちゃってると思うんですよ。

 

ただ結構待たせた場合は、これが使えないんですね。

”Thank you for waiting.”って短時間待たせた場合に使うのが一般的です。

 

長時間待たせてしまった場合は、

"Sorry I kept you waiting so long."(○)っていうのが正しいです。

"kept"っていうのは、"keep"の過去形ですよね。

あなたをこんなにも長い期間待たせる状態にキープしちゃってごめんなさい。

っていうのが直訳ですよね。

 

なので、"Thank you for waiting."とは全然ニュアンスが違うというのが、

直訳によってお分かりいただけるかと思います。

 

これはだいぶ待たせてしまったなと。

本当は月末までって言っていたのに、翌月の真ん中まで言ってしまったわ。

というようなときは"Thank you for waiting."なんて軽い言葉で言っては済まされないので、

"Sorry I kept you waiting so long."という風にいってあげてください。

 

これで全然相手への謝り具合が違くなってきます。

ということで待たせて謝るときに待たせた時間が「長かったかな?」「短かったかな?」と

是非一回考えてみてください。

 

それでは以上です。