今日もTOEICだけでなく、日本人のビジネスパーソンのやりがちなヒヤリハットを潰していく企画です。

今日は、上司、もしくは部下をお持ちのチームリーダーの皆様方が、部下を鼓舞する時に、やらないほうがいいかな、というやつをご紹介します。

やっぱりあるんですよね、言葉のニュアンスの違いって。

で、あなたが上司、もしくはチームリーダーで、下にいる人たち、自分の下についている人たちに、「よくやったね」「いい仕事をして、よくやったね」って褒める時なんですけれども、日本人で、なんでこれが出てくるのかわからないんですけれど、ちらほらいるのが、

X:"Thank you. It's so kind of you."

っていう方がいらっしゃるんです。

要は、「よくやってくれてありがとう」ということを辞書とか、ネットで検索すると、"Thank you. It's so kind of you."(X)ってでてくると思うんですよ。

でも、"Thank you. It's so kind of you."(X)っていうのは、してくれたことに対して「ありがとう」っていうやつですよね。

例えば、席を譲ってくれた、雨が降ってきたから紙袋にビニール袋をかぶせてくれた、傘を貸してくれた、レストランに行ったら、ちょっとサービスしてくれた、そういう時に"Thank you, It's very kind of you."って言うんですね。

だけど、それも日本語ていうと「ありがとうございます。」、サービスに対して、「ありがとう、よくやってくれましたね。」って意味になるんですけれど、

何かを達成した部下に対していう時にはそういう表現は使わないです。

そういう時には、

◯:"Thank you. You've (You have) done a great job."

と言います。

つまり、「よくやってくれたね。ありがとう。」っていう褒め言葉、感謝、であったとしても、レストランの店員さんに言うことと部下に言うことはこれだけ違うということです。

なので、辞書を調べたり、ネットで検索すると、どうしても似たような感じで出てきてしまうことがあると思うんですけれど、全然違うので、ぜひ覚えて気をつけてください。

特にあなたが上司で、部下が英語スピーカーの人の場合に、"Thank you. It's very kind of you."(X)って言ったら、気持ち悪がられますので、ぜひ気をつけていただければと。

"Bossy"(形容詞:威張り散らす)になるのは良くないけど、威厳はある程度必要なので、今日のフレーズをぜひ覚えてください。

それでは以上です。