TOEICで英語の基礎を覚えた後に実践してみても、どうしても防げないヒヤリハットを

未然に防ぐためにいろいろ言っていきたいなという企画が続いている状態なんですけれども

今日もですね、結構ニュアンスが違くて知っておかないとやってしまうかなという感じがします。

 

例えば、会議とかでですねネイティブスピーカとしゃべっていて、わーって言われて話を振られたとしますよね。

 

「横山さん、これについて内容ご存知ですか?」っていう風に聞かれて、

残念ながら私が「知りません。もっと聞かせてください」つまり「知りません」っていうのを伝えるときにですね。

ニュアンスによって全然違うのでそれを覚えましょう。

 

もし、「あなたご存知ですか?ユキさん、ご存知ですか?」って聞かれて、

”I don't know.”(×)という風に答えると、ビジネスシーンだとかなりぶっきらぼうな感じになります。

「んー、まー、知らないっすね。」みたいな感じになります。

 

ここでビジネスシーンで正しく「私は存じ上げません。」という風に言うには、

”I'm afraid I don't know.”(○)という風に”I'm afraid.”を文頭に付けることが大事です。

 

例えばですよ、ある程度仲良くなって和気あいあい。

JimとYukiは仲良しコンビみたいな感じで、”I don't know.”って言ったら「ユキ知らないの?」となります。

そこまで言っていない仲のときにですね ”I don't know.”って言うとちょっと嫌な感じ。

 

”I'm afraid I don't know.”っていうと

「存じ上げませんので(もうちょっと説明してください。、もうちょっといろいろ教えてください。)」

という風に言うことができます。

 

英語は敬語が少ないという風に言われますけれども、

言うても少ないということはあるということが確実という発想でいたほうがいいと思うので、

是非今回のフレーズ覚えてバリバリ使ってみてください。

 

それでは以上です。