電話会議で使えるフレーズをご紹介していきます。

私は電話会議を海外でも国内でも行っているのですが

物理的に離れる事を嫌う日本の会議では馴染みのないフレーズかもしれません。

海外の会社では電話会議があります。

今日の表現は

”conference call”
(電話会議)

です。

誇張して発音しましたが、

conference=会議

call=電話

です。

日本語だと

「コール」ですが

発音は「コー」

「ル」はほとんど聞こえません。

応用です。

実際のTOEICで流れてくるのは、

”Do we have a conference call at eleven o’clock?”
(今日11時に電話会議ありますか?)

です。

ポイントは

at eleven もしくは at eleven o’clock =11時

Do you have~?=~があるの?

つまり会議ってあるのか無いのかを判断するときに

have を使うということです。

直訳すると、

今日私たち会議もってるの?もってないの?

ということになるので、日本語の感覚からするとわからないかもしれません。

日本語だと会議は

ある、ない

英語だと

持ってる、持ってない

となります。

なので
conferenceは持ってる持ってないで考えるということを

覚えておいてください。

同じノリでミーティングも

”have a meeting”

なので、同じようにセットで覚えてみてください。

それでは以上です!