今日もキャメロンさんにいろいろ聞きたいんですけれども、 「言いたかったんだけど言えなかった。。。」というような読者さんからの質問です。

Yuki(Y):

「今日のやつは匿名なんです、お名前をいただいていないんですけど、”海外から上司宛に電話を

    受けたが、上司は会議で不在だった。”という状況で、「彼は会議で不在です。伝言があれば承ります。」

    というのがとっさに出なかったケースですね。このケース、キャメロンさんならどのように答えますか? 」

 

Cameron(C):「こういう場合はよくありますね。ユキ先生もよくあると思いますが会議ばっかりですよね。」

Y:「そうそう!」

C:「いろいろ会議したくても、(ちらっと時計を見る)会議、会議、会議。。。」

Y: 「そうですね。」

C:「電話かかってきたら、いないとき、不在の時もよくあるから、」

Y: 「確かに。」

C:「とてもいい質問だと思います。 シンプル イズ ベストなので、本当に簡単な英語を使いますね。最初に電話出るときに、『Hello.Hello may I help you?』とか言いますよね。その時相手の質問を聞いて、『Hello.I’m sorry.He is in a meeting right now. May I take a message?』という風に言います。」

Y:「”take”を使うんだ、”take”ですね。”have”は?”have”は使えませんか?」

C:「”have”は、ん~、あまり使わないですね。『May I have a message?』は聞いたことはありますが、

 あまり使わないですよね。」

Y:「やはり”take”なんですね。」

C:「”May I take a message.”ですね。」

Y:「なるほど、なるほど。 日本人って英語を話そうとするときに一番始めに動詞を思い浮かべる人が多いんですよね。だからメッセージを受け取るんだって言ったら”take”をとりあえず思い出していただいたら、何とかなりそうな気がします。この方はですね、”自分がどのような英語を話したのか記憶がありません。”ということなんです。」

C:「わかる、わかる!」

Y: 「単語の羅列で答えたような気がします。相手の方は、『OK!また電話します。』と言ってくれましたが、スマートな対応がしたかったということなんですね。」

C: 「そうですね。」

Y: 「今回のフレーズを言えたら、すごくスマートですよね。」

C: 「はい、スマートだと思いますね。」

Y: 「えーと、あとありません?日本と海外の状況が違うのって。  例えば、私が会社の電話に出たとして、上司のヤマダに電話が来たとしますね。  そうすると”課長のヤマダは今不在にしています。”と、呼び捨てにするんですね。」

C: 「はい、はい。」

Y: 「英語圏ではそれをどうするんですか?」

C: 「えーと大体ファーストネームを使いますので、英語圏のほうでは。  だから”呼び捨て”というのは、もともとないんですよね。」

Y: 「なるほど、なるほど。」

C: 「自分の会社の人たちは、Mr. Ms. Mss.とかあまり使わないので、  例えばCEOにも”Warning George”とかいうんですよ。」

Y: 「とてもラフですね。」

C: 「ラフと言われますが、それが自然なんですよ。」

Y:「なるほど。」

C:「例えばスタバのCEOがシュルツですよね。こちらのほうでは、シュルツ様とか、社長とかいう形で呼びますが、 ”やぁ、GoodMoriningCharles”とか言いますね。」

Y:「ということは電話を掛ける側は、例えばCEOのチャールズさんに電話した時はなんといえばいいですか?」

C:[普通に直接社長にかけるんであれば、以前にも電話をかけたことがあるということですよね、 というときは、”This is Hello Brian from company X. May I speak to charles.”とかで良いですね。」

Y:「え~!自分の自己紹介もファーストネームで、呼び出した相手もファーストネームで呼ぶんですね。」

C:「まー、自分が初めて電話を掛ける場合であれば、”This is Cameron Switcher from ABC company. May I speak Charles please?”」

Y:「始めましてでも、ファーストネームで呼んでしまうんですね。」

C:「そうですね。」

Y:「すごいですね。そこがやっぱり感覚違うかもしれないですね。」

C:「違いますね。ですから、”さん”とか”さま”とかあまり使わないですね。それでもヨーロピアンズは、Mr. Ms. Mss.とか使いますね。」

Y:「確かに。私も会社にいたときはそうでした。」

C:「ヨーロピアンズはそうですね。」

Y:「なるほど。それではそこは考えて使い分けなくてはいけないわけですね。」

C:「そうですね。それは出来ると思うんですよ。難しいことではないと思うんですよ。」

Y:「なるほど。」

C:「アメリカ人はすごくフレンドリーなので、ファーストネームをすぐ使いますから。」

Y:「そうですねー。」

Y:「なるほどー。そんなことも併せて覚えて頂ければ、かなり気が楽になりますよね。」

C:「逆に”I’m sorry the president is not at his desk.”とかいうとちょっと固いんですよね。」

Y:「ん~、確かに。」

C:「”Nmm.Charles is not at his desk.”のほうがいいですよね。」

Y:「なるほど、すごい勉強になりました。ありがとうございます。そんな感じでビジネス英語とかあればいいと思うので、また。」

Y and C:「See you next time. Bye.」