今日もTOEICのpart3に役立つフレーズを紹介します。ですが、今日は結構簡単め、しかも多分中学校で習ってるやつです。
えーと、と言っても皆さん忘れちゃってると思うので、しっかり思い出していきましょう。

今日は「~することが楽しみだ」というのを英語で表現する、これだけ押さえていればOKなクローズアップフレーズです。

“Look forward to ~ing”
(~することを楽しみにしている)

良く間違えるのが、”Look forward to”の後が”ing”

普通”to”の後って文法用語で言うと不定詞と言って、動詞の原型が来ると習っているんですが、このフレーズの時はなぜか

“to”の後”ing”なんですよね。

なのでそこを間違えないように。

TOEICでも良くそこをひっかける問題が出ます。
空欄になってて、選びなさいみたいになってて、動詞の原型と進行形が並んでて、あーってつられて動詞の原型選んじゃうみたいなミスがよくあるので、ここは必ず

“~ing”

の進行形というか動名詞形そういうのを選ぶように忘れないでやってみましょう。
という事で、クローズアップフレーズから応用文に行ってみたいと思うんですけれども、今日は結構単純に

“I look forward to working with you.”
(私はあなたと働けることをとっても楽しみにしています)

どんな時に使うかな~というと

あなたが転職とか就職を決めて、そこの行く会社の新しいボスと事前のやりとりをしている時に、

「あなたと働けることを本当に楽しみにしています」

というお言葉を添えるといい感じですよね。いい人が来るなみたいに思うじゃないですか。

そういうのを示すために

“I look forward to working with you.”

とかって言う代わりにメールとか文章の最後に一筆入れると凄く好印象だと思いますので、そんな感じで使ってみてください。

これだけじゃなくて”working”の所を

“meeting” ”seeing”

とかそんな感じで色んな動詞を入れると、「あなたに会うのが本当に楽しみ」とか「あなたと~するのが楽しみ」といくらでもバリエーションが効くので、ぜひセットで覚えてみてください。

それでは以上です。